ここから本文です

「エンダースキーマ」から子供の成長を経年変化で楽しめるランドセル

4/18(木) 11:00配信

WWD JAPAN.com

東京発のフットウエアブランド「エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」は、ブランドのアイコンであるベジタブルタンニンレザーで製作したランドセルを受注販売する。フルレザー(22万円)とランドセルカバーのみレザー(12万円)の2タイプを、ナチュラル、ブラックの2色ずつ用意。4月10日の三越伊勢丹オンラインストアを皮切りに、30日に伊勢丹新宿本店、7月20日にブランドの旗艦店スキマ 恵比寿と公式オンラインストアで順次受注会を実施する。商品は2020年の3月中旬に配送予定だ。

【画像】「エンダースキーマ」から子供の成長を経年変化で楽しめるランドセル

アイテムは職人の手作業で製作。使用していくにつれ、色合いや艶、柔らかさが出るベジタブルタンニンレザーには耐久性を高める加工であるピットなめしを施したほか、水ジミを目立たせないよう、レザーの仕上げ工程でオイルとワックスを使用。6年間の小学校生活を、経年変化と共に楽しめるプロダクトだ。

最終更新:4/18(木) 11:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2093号
2019年7月22日発売

定価500円(税込み)

川久保玲が語る「コム デ ギャルソン」の50年 “ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ。”

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事