ここから本文です

“アラサーいじり“は超ナンセンス。歳をおちょくる風潮、いい加減やめない?

4/18(木) 15:47配信

女子SPA!

<みきーるの女子マインド学>

 最近、「アラサーっていくつからなのか?」という話題がよく出ます。

 なかには、「25歳~34歳でしょ?」と言う人もいますが、これはちょっと違います。アラサーは“around thirty”の略ですから、“30歳前後”を指し、具体的な数字にするなら28~32歳くらいになります。

他人の年齢に口出しするのはナンセンス

 ではなぜ“25歳~34歳”が“アラサーくくり”になったかというと、主に25歳の人をつかまえて「四捨五入すると30歳だね!」とからかうケースがあるから。これが発端となって、「(四捨五入すれば)30歳」=“アラサー”という解釈になったのだと思います。

 そもそも、「なんで四捨五入されにゃいかんのか?」って話なのですが……。25歳と34歳では10歳近く違うわけだし、このゾーンをひとまとめにするのは無理があります。

 そして、なぜか四捨五入してからかわれるのって“30歳”だけなのです。15歳の少女に「四捨五入すりゃハタチじゃん!」とは言わんでしょうし、35歳の人に「四捨五入したら、もう40ですねえ」なんて言ったら、人間関係が音を立ててひび割れそう……というか、すごくナンセンスだと思います。

年齢をおちょくる風潮は平成でオサラバしよう

 30歳に限らず、年齢というのは自分の中で何かの区切りにしたり、「〇歳までにこれをしよう」というように“パーソナルな道標”にすべきものでは。誰かの歳に踏み込んで「もう〇歳か!」なんて笑うのはおこがましいし、ましてやマウントを取るものでもないでしょう。

 まもなく令和になりますが、かつては「25過ぎたクリスマスケーキ」(25歳を過ぎ、婚期を逃した女性のこと)、「30歳はオバン」(30歳はおばさんの意)といった概念がありました。今こんなことを言い出す人はいないでしょうが、そのエッセンスだけが残っておちょくる風潮があるのは、ちょっと残念な気がします。

 ツッコミを入れたり、鼓舞したりするのは自分の年齢にだけ。人様の年齢をいじったり、勝手にいろいろ決めつけない。そうされても気にしない。そうわきまえておくと、心地よく年齢をながめられると思います。

<文/みきーる>

【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

女子SPA!

最終更新:4/18(木) 16:54
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事