ここから本文です

どうせ飲むなら、ちゃんとしたイタリアンで!26時まで楽しめる西麻布の新店が貴重すぎる!

4/18(木) 5:20配信

東京カレンダー

休みの前日、いつもよりゆっくりできる夜は一軒目で終わらせたくない。

しかし、深夜にサクッと飲める店というと、バーだったり居酒屋だったり…。今の気分じゃない店ばかり。

そこでおすすめなのが、西麻布に誕生したイタリアン。なんとラストオーダーが26時で、アラカルトを楽しめるのだ。

上質なツマミと厳選されたワインで翌日を気にせずナイトアウトを楽しもう!

大切な人ともう少しだけ居たいときに活躍するイタリアン『ベルソーニョ』

自分にとって特別な人との夜はあっという間に過ぎていく。“今日は相手を喜ばせたい”と、奮発するデートであればなおさら。

本気モードで、一軒目は話題の上質なレストランで過ごす。いつまでも行ききれないほどいい店の溢れる東京において、手堅い美食を予約するのはもはや難しいことではない。

そして、それらの店は当然のごとく幸せな時間をもたらしてくれて結果、もう少し一緒に居たくなる。夜もふければ今度はムードも必要。

そんなときの二軒目は、あえてバーではなく、美味しいつまみのある遅くまで営業している人気店を選ぶのが正解だ。

きちんとしたレストランならお酒もお喋りも進み、もっと一緒に……が叶ってしまう。

そして相手のテンションが上がる条件は、内装が格好よく、食事もお酒も美味しく、初見の店であること。

西麻布の『ベルソーニョ』はそのすべてに当てはまり、特に初見については確実。なにせ店のオープンは今年の3月1日という新星だ。

扉を開けると、珍しいイタリアの火山岩による大きなカウンターがクールなムードを漂わせ、ふたりを迎え入れる。

黒とグレーでまとめられた店内は、距離を詰めたい夜にも最適な艶やかな空間だ。目の前で調理が行われるカウンターはライブ感も満載で、笑顔も溢れる。

オーナーシェフの中本裕士さんは、イタリア料理歴16年で現地での修業経験もある腕の確かな人。イタリアの郷土料理を心から愛し、勉強し続けている。

それをベースに故郷である宮崎の厳選素材を使用し、自身のアイデアを加えて驚きのある料理を提供する。

1/2ページ

最終更新:4/18(木) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事