ここから本文です

秋山幸二が日本人最速タイで200本塁打に到達(1990年4月19日)

4/19(金) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1990年4月19日だ。

 この日に行われたロッテ戦(西武球場)で西武の秋山幸二が大台に届いた。3回裏、無死一塁でロッテのルーキー・小宮山悟のシュートを叩いた一打は左翼ポール際へライナーで飛び込んだ。3号アーチはプロ野球史上59人目の200号本塁打となった。

「100号、150号がバックスクリーンだったから、200号もバックスクリーンを狙っていたんだけどねえ」と秋山は残念がったが、この一発は田淵幸一の持つ日本人200号スピード到達記録(714試合)に並ぶ、プロ野球タイ記録の“勲章”付きだった。

「タイ記録はうれしいけど、250号は新記録といきたいね」と秋山。ちなみにこの試合は先発の工藤公康が4回2/3で7失点KOされるなど大乱調で7対10と試合には敗れたが、9回に清原和博が伊良部秀輝から自身3本目の満塁アーチ。AKアベックアーチは通算31回目となった。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/19(金) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事