ここから本文です

与田監督は1年目から嫌われるぐらいやれ/廣岡達朗コラム

4/19(金) 11:01配信

週刊ベースボールONLINE

腹をくくれる人間を使うべき

 いまの監督には、計画性がない。

 私がヤクルト監督に就任した1976年5月だが、参考にしたのが“1点絞りの理論”である。1点絞りとは、サンケイスポーツの評論家として悪戦苦闘しながら初めて評論原稿を書いたときに、当時の運動部長だった北川貞二郎さんから学んだことだ。試合の要点を4つも5つも詰め込んだ私の文章を読んだ北川さんから「こんなに要点が多かったら何が本当に重要なのか読者には伝わらない。テーマを1点に絞り込んで書いてくれ」と言われた。大切なのは“捨てる勇気”だ。

【動画】ドラゴンズ、DeNAに快勝!4/17ゲームハイライト

 その言葉を念頭に、あれもこれもと手を付けず、1年目は投手陣の強化に徹底して取り組んだ。勝敗の70パーセントを左右するのは投手力だ。そこで、松岡弘、安田猛ら5人の先発投手を決めて、中4日のローテーションを確立した。どんなに打たれても5回までは代えない。人間としての責任感を植えつけた。

 翌年は打撃、守備に着手し、武上四郎コーチをミーティングに参加させた。松園尚巳オーナーから、武上を次期監督として育ててほしいと言われていたからだ。そして3年目はナインの巨人コンプレックスを払拭させるためにアメリカのユマでキャンプを張った。

 すべては計画性にのっとってのものだった。いま、そういうチームがあるだろうか。Bクラスなのに、すぐに優勝したいという球団ばかりだ。今年はA、来年はB、再来年はCを強くするという発想がない。

 私の持論は、計算ずくで動いている監督には、球団も3年間待ってやれということだ。その上で優勝もチームの底上げもできない監督はクビにすればいい。そして「3年で優勝できなければやめます」と腹をくくれる人間を使うべきなのだ。なぜかというと、退路を断つことによって、人間は勉強をし始めるからだ。

 今季、中日の下馬評は低いが、与田剛監督は私のロッテGM時代の教え子だ。縁がないわけではない。彼が1年目でまずなすべきは、監督の値打ちをチームに叩き込むことだ。1年目から嫌われなければダメ。選手に好かれる監督というのは、総じてナメられてしまう。先ほどの1点絞りの理論からいうと、投手をどう一人前にするかを考えればいい。

1/2ページ

最終更新:5/16(木) 11:39
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事