ここから本文です

1か月以上沈黙の池江璃花子、専門家が語る厳しい治療

4/19(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

《東京オリンピックまで499日 1日遅れちゃった まだまだ諦めないぞー!!》。闘病中の池江璃花子選手(18才)がSNSにこう投稿したのは、3月13日のこと。前向きな姿勢に多くのファンが心を打たれたが、以降、1か月以上にわたって更新がない状態が続いている(4月17日現在)。

【写真】制服姿の池江璃花子、今は日大へ進学

 日本水泳界のエースとして東京五輪では金メダル獲得が期待されている池江選手が、白血病であることを告白したのは2月12日。入院後もSNSは更新していただけに、長引く“沈黙期間”を心配する声は日に日に高まっている。

 4月7日には出身地である東京・江戸川区のスポーツセンターに「応援ブース」が設置された。池江選手に対するメッセージと折り鶴の受付を開始したところ、わずか1週間でブースには幾重にも千羽鶴が下げられた。

 メッセージや折り鶴は、彼女の元に届けられている。

「4月中旬の土曜日だったかな、折り鶴が入った大きな袋を軽トラに積んで出かけるお母さんを見かけました。病室の璃花子ちゃんに届けたのではないでしょうか」(近隣住民)

 母親の美由紀さんは、ほぼ毎日のように病院に通って娘の闘病を支えているという。

「いつも大きなキャリーバッグを引いて病院に向かっています。きっと璃花子ちゃんの洗濯物なんかが入っているんじゃないかな。この前の日曜は午前中に家を出て、帰って来たのは夜の10時頃でしたよ。美由紀さんも相当お疲れだと思います。それなのに彼女はとても気丈で、周囲には疲れた表情を一切見せることがありません」(母親の知人)

 池江選手は、現在どのような治療を行っているのだろうか。ナビタスクリニック理事長で血液の専門医・久住英二さんはこう話す。

◆寛解後も検査は必要

「白血病には“急性と慢性”さらに“リンパ性と骨髄性”とがあるのですが、池江さんは種類を公表していません。ただ、現在の状況から『急性リンパ性白血病』だと推定できます。

 なぜなら慢性の場合は池江さんほど長期間入院することはありませんし、若い年代は、骨髄性よりもリンパ性にかかるリスクが高いからです。

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 7:47
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ