ここから本文です

ソフトバンク・高橋礼 “令(れい)”和のサブマリン/スタートダッシュに成功

4/19(金) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

 サブマリンは新しい時代に向けて好発進を切った。4月7日のロッテ戦(ヤフオクドーム)。先発の高橋礼は7回を2安打1失点に抑え、開幕2連勝を飾った。この試合まで開幕から8試合連続本塁打を記録していたロッテ打線を制圧。「先発の経験が浅いから、中継ぎ1番手のつもりでいけるところまでテンポを上げていった」と初々しく喜びを表した。

 ルーキーイヤーの昨季は12試合で1敗。数少ない下手投げを買われ、プロ未勝利にもかかわらず、侍ジャパンの一員として昨秋の日米野球にも出場した。オフの自主トレでは専大松戸高の先輩にあたる日本ハム・上沢直之と汗を流し、「調子に合わせたいろんなパターンのフォームで投げられたほうがいい」と、理想のフォームに固執することなく、調子に合わせて柔軟に対応する術を学んだ。激しい先発ローテ争いで勝ち残った。

 3月31日の西武戦(ヤフオクドーム)で6回1失点で待望のプロ初勝利をつかんだ。「ちゃんとやることをやれば(白星が)付いてくるんだなと思った。初勝利のためだけにやってきたわけではないので(勝ちを)積み重ねたい」。新人王の資格も持つ2年目のサブマリンは先を見る。

 4月14日の楽天戦(楽天生命パーク)でも勝利を挙げた。18日現在、3勝はリーグトップ、防御率0.90は同2位だ。

 名前の「礼」と新元号の「令和」は同じ「れい」の響きを持つ。発表前には頭文字のアルファベットを自身の名前にちなみ「R」と予想し、見事的中させた。2020年の東京五輪でも変則投法のジョーカーとしての期待も高い。まもなく令和新時代、時流にも乗っていく。

写真=湯浅芳昭

週刊ベースボール

最終更新:4/19(金) 12:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事