ここから本文です

井澤勇貴「高崎さんはおそ松そのもの」 「おそ松さん on STAGE」の舞台裏を語る

4/19(金) 20:25配信

エンタメOVO

 劇場版『えいがのおそ松さん』舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、舞台「おそ松さん on STAGE」からおそ松役を演じている高崎翔太とF6おそ松役の井澤勇貴が登壇した。

 プライベートで1度映画を見たという高崎は「年齢層が幅広くてびっくりした。どの年代にも面白い映画」と話し、司会者からお気に入りのシーンを聞かれると「カバみたいな女の子(ドブス)がずっとヨーヨーをしているシーンは毎回笑ってしまう」と答えた。

 井澤が「兄弟たちの(リアクションをしているときの)顔」を挙げると、高崎が「うちのトド松(赤澤遼太郎)がトッティの顔をずっと鏡を見ながら練習していた」と明かして、会場を盛り上げた。

 舞台版「おそ松」だけで食べていくにはどうしたらいいのかチョロ松役の植田圭輔と話し合ったという高崎。井澤はそれに対して「本当にそっちはアニメ版おそ松そのもの。楽屋でゴロゴロしながらお菓子を食べていたときなんか、特にそうだった」とキャストたちの仲の良さを語った。

 映画の内容にちなみ高校生の頃の思い出を聞かれると、通信制の高校に通いながら仕事をしていたというエピソードを披露した井澤。高校時代はバスケットボール部のキャプテンだったという高崎に「(ゴールに手が)届いたんだ?」とからかう場面もあった。

 最後に2人から「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 3 ~」の上演決定が発表されると、会場から歓声が上がった。

 それを受けて井澤が「アニメのおそ松さんの映画の舞台あいさつに呼んでいただけることはとても光栄ですし、こうして舞台の発表ができてうれしいです。僕らF6もパフォーマンスに磨きをかけてきましたし、研ぎ澄ませてきました。一緒に舞台ができることを光栄に思います。舞台『おそ松さん on STAGE』をよろしくお願いします」と語った。

 すると高崎が「映画にも携わらせていただいて、すごくうれしいです。今回、(舞台の)3も全く同じメンバーで、これからもアニメ版も舞台版も、もっと盛り上げていきたいと思います。」とコメントして締めくくった。

最終更新:4/22(月) 16:03
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事