ここから本文です

広島・床田寛樹「(ヒジを)痛めたときは“あ、終わったな”これが正直な気持ちでした」

4/19(金) 12:05配信

週刊ベースボールONLINE

742日間のトンネル

即戦力ルーキーとして、ドラフト3位で入団した。開幕から先発ローテーションにも名を連ね、4月前半に初勝利。表舞台で輝きを放ち、前途は洋々に見えた。だがその1週間後、ヒジが飛んだ。手術、そしてリハビリ……。華やかさとは無縁の、孤独なトンネルが待っていた。それでも、少しずつ、少しずつ進んできた。そしてやっと立つ、夢見ていた場所。緑のグラウンド。その真ん中にあるマウンド。さあ動こう。広い世界で思い切り。
文=坂上俊次(中国放送アナウンサー)、写真=前島進、BBM

 この冬、ひとり暮らしを始めた。彼は、ハムスターを飼うようになった。名前は「ひまわり」。手で触れると「プププププッ」と鳴く。24歳の実直な青年は、この話題になると表情が和らぐ。

「もともと猫やハムスターが好きでした。癒されますね。あの泣き声について調べてみると、どうやらうれしい気持ちの表現のようです」

 春がやってきた。今年の日差しは、例年より、明るく柔らかに部屋に差し込むようになった。長い冬が終わった。左ヒジの手術でボールを握ることすらかなわない時期もあった。それだけに、この春を格別な気持ちで迎えた。

 不断のリハビリで150キロの快速球を取り戻し、今シーズン、床田寛樹は開幕から先発ローテーションに入った。そして、4月6日の阪神戦(マツダ広島)では6回2失点の好投で、実に724日ぶりのウイニングボールも手にした。

「つらい時期もあったけど、こうやって一軍で勝てて本当にうれしい」

 動こうにも動けない、投げようにも投げられない。焦り、不安、危機感……。そんな724日のトンネルは、限りなく長く感じられたに違いない。

 好事魔多し。漢字の並びだけを見ても、穏やかではない表現である。2年前の春、その状況に見舞われた。ルーキーイヤーの2017年、開幕先発ローテーション入りを果たし、4月5日、中日戦(ナゴヤドーム)では、プロ入り初登板ながら7回途中3失点のデビューを飾り、12日の巨人戦(東京ドーム)ではプロ初勝利もマークした。ただ、3度目の登板が悪夢となった。19日のDeNA戦(マツダ広島)、先発の床田は初回をゼロに抑える上々の立ち上がりだったが、2回、1球目を投げたところで左ヒジが悲鳴を上げた。

「初回は何ともありませんでしたが、痛めたときは、骨が飛んでいったような感覚でした。“あ、終わったな”。これが正直な気持ちでした」

 懸命に続投したが、ボールが走るはずはない。4回でマウンドを降り、登録抹消、初勝利のスポットライトは1週間で暗転となった。そして、7月には、左ヒジ関節内側側副靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた。全治8~10カ月、このシーズン中の復帰は絶望的だった。野球が大好きで、天賦(てんぷ)の才にも恵まれた床田から野球が奪われた。

1/4ページ

最終更新:5/3(金) 10:57
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事