ここから本文です

女性ファンが7割強、『名探偵コナン』女性がハマる3つの理由

4/19(金) 8:00配信

コンフィデンス

 1994年の連載開始から今年で25周年を迎える漫画『名探偵コナン』。97年より毎年4月に公開される劇場版はゴールデンウィーク映画として定着し、17年は邦画No.1のヒット作に。4月12日に封切られた最新作『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』もシリーズ最高の初動を記録するなど、その人気はとどまるところを知らない。『名探偵コナン』がファンを拡大し続ける理由とは一体なんなのか?

【ランキング表】『名探偵コナン』好きなキャラクター TOP10(男女別)

◆認知度は驚異の97%、20年以上の“古参”女性ファンも3割

 青山剛昌氏が紡ぐ同作の主人公は、数々の難事件を解決してきた高校生探偵・工藤新一。ある日、幼なじみの毛利蘭とデートの途中、謎の黒ずくめの男たちの取引を目撃してしまった新一は、毒薬を飲まされ子どもの姿に。以後は小学1年生の“江戸川コナン”として、蘭の父親・毛利小五郎の探偵事務所に居候しながら、黒の組織の正体を追い求めていくミステリーだ。『週刊少年サンデー』94年5号より連載を開始し、96年からは読売テレビ・日本テレビ系でテレビアニメ放送、そして97年より毎年4月に劇場版の公開がスタート。物語の誕生から今年で四半世紀を迎えるが、右肩上がりで成長する劇場版の興収が示すように、ファンは拡大し続けている。

 その圧倒的な強さの背景を探るべく、10~40代の男女1866名を対象に『名探偵コナン』をテーマにアンケート調査を実施した。すると、その認知度は驚異の97.9%を記録、「とても好き/好き」の回答も55.1%と過半数を超え、まさに国民的作品の1つであることが証明された。ここで注目したいのが「好き/とても好き」と回答した人の男女比だ。24.7%:75.3%で圧倒的に女性の割合が高く、さらにその構成比を世代別に見ると20~40代は、それぞれ3割近く(20代:29.7%、30代:32.2%、40代:32.6%)の支持があり、幅広い年齢層の女性から人気を得ていることがわかった。

 彼女たちにファン歴を尋ねると、「10年以上」が20代~40代でそれぞれ7割以上(20代:72.5%、30代:87.0%、40代:75.2%)。10代でも24.4%存在する。この結果から、同作が一度掴んだ心を離さない強力なコンテンツであること、また、若い新たなファンを取り込み続けていることが窺える。また、きっかけとしては男女ともに「テレビアニメ」が75.7%と最も高い結果となった。

1/3ページ

最終更新:4/19(金) 12:19
コンフィデンス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コンフィデンス

oricon ME

5/13・5/13号

5,040円(税込)

■表紙インタビュー
関和亮氏(映像作家/コエ代表取締役)
いまほどコンテンツが求められている時代はない
映像に関わる人間にとっては大きなチャンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事