ここから本文です

川崎重工が名車「Z1」&「Z2」のシリンダーヘッドの再生産を発表!

4/19(金) 7:30配信

webオートバイ

発売から約半世紀たったいまでもファンが多い歴史車。オーナーのために初回1,000個の再生産、発売は2019年秋の予定!

川崎重工は、いまなお根強い人気を誇る「750RS」(1973年発売。以下、Z2)および、その国外向け輸出仕様である「900 super4」(1972年発売。以下、Z1)シリーズのシリンダーヘッドを愛好家向けに再生産することを発表しました!

2019年秋から川崎重工の特設サイトで注文の受付が開始されます。

Z2・Z1は、発売直後より大好評を博し、ともにカワサキのモーターサイクルを象徴する歴史的なモデルとなりました。Z2は国内で累計2万台以上を販売、Z1は世界で累計10数万台以上を販売しています。

両モデルの強力なパワーと信頼性、環境への配慮は、現行モデルにも途切れることなく脈々と受け継がれています。

発売から約半世紀が経ち、旧車と呼ばれて久しいZ2・Z1ですが、現在でも世界中のライダーから憧憬をもって愛され、レストアにより実際の走行が可能な美しい車両が数多く現存しています。

川崎重工は、両モデルのオーナーのニーズに応え、モーターサイクルライフスタイルをサポートするために、シリンダーヘッドの再生産を決定しました。

今回再生産するシリンダーヘッドは、当時の図面に規定された仕様を、現代の製造技術・製造法により実現するというコンセプトに基づいて新たに開発されます。

初回生産個数は1,000個で、注文の状況に応じて増産も検討されています。

なお、シリンダーヘッド以外の部品、Z2・Z1以外の歴史的なモデルの部品については、今回の再生産に対するオーナーの声などにより、検討する予定と、川崎重工は発表しています。
 

■部品構成(以下部品を同梱)
・カムシャフトブラケット
・バルブおよびその周辺部品
・タペット
※当時の製造技術・製造法の結果として生じた細部の形状や表面の質感などを復元するものではありません。
※カムシャフトやシリンダーヘッドカバー、ガスケット類などは含みません。
※排気管取り付け用のスタッドボルト寸法は、後期型のM8を採用しています。
※「KZ1000Mk.II」など通称「角ヘッド」のモデルには適応していません。

■先行販売国
日本(Z1用として海外市場への販売は検討されています)
 
■販売方法・価格
2019年秋に開設予定の販売専用サイトにて受注を開始(価格:未定)。
2020年より販売開始予定。
※本品の製造および販売元は川崎重工業株式会社です。
※株式会社カワサキモータースジャパン、カワサキプラザネットワークおよびカワサキ正規取扱店での販売、取扱いは行いません。

webオートバイ編集部

最終更新:4/19(金) 7:30
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事