ここから本文です

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなるvol.4

4/19(金) 8:01配信

Meiji.net

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなるvol.4

浅沼 成人(明治大学 農学部 准教授)

社会の高齢化が進むとともに人々の健康志向が高まり、様々な健康法がマスコミやネットなどで取上げられています。そのひとつに「腸内フローラ」があります。がんの治療や老化防止にも役立つといわれていますが、実は、腸内細菌の研究が進展したのはここ20年ほどのことです。何が解明され、何が研究段階なのか、冷静に確認してみましょう。

◇「浅沼研究室」で有益な腸内細菌を世界初発見

人が食べるご飯やパンに含まれる成分のひとつに、グルコシルセラミドがあります。

この成分は人の消化酵素だけでは分解できず、吸収もされずにそのまま排便されますが、それを分解し吸収できる物質にしている腸内細菌を、私の研究室では世界で初めて発見しました。

しかも、そうやって生成された物質は、人の免疫力を高めたり、また、肌の細胞の活性化につながるシグナル物質として作用するのです。

つまり、この腸内細菌を増やせば、ふだん通りにご飯やパンを食べているだけで、病気に罹りにくくなったり、肌をきれいにすることができるのです。

特に、肌の上から成分を染みこませようとする従来の美容製品に比べ、効率良く効果を発揮させることができるようになると思います。まだ研究中ですが、実用を目指しています。

ある意味、私たちは腸内に非常に有用なペットを飼っているようなものです。

人にとっては消化が悪い食物繊維も、それゆえに彼らに豊富なエサを与えることになります。

また、ヨーグルトなどを摂ると、自分に役立つペットを増やすことができます。このような意識で日頃の食生活を見直してみるのも良いと思います。

※取材日:2017年9月

浅沼 成人(明治大学 農学部 准教授)

最終更新:4/19(金) 8:01
Meiji.net

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Meiji.net

明治大学

社会問題を明治が読み解く
オピニオンは月3回更新

研究×時事問題。明治大学の教員が少子化
問題や地方創生、アベノミクスや最新の科学
技術など、タイムリーな話題を解説する、
大学が運営する新しい形の情報発信サイト。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事