ここから本文です

ワークライフバランスをもっとうまく取る10の方法

4/19(金) 12:02配信

ウィメンズヘルス

日本はもちろんのこと、海外でもワークライフバランスを取るのは難しい。例えば、イギリス人の労働時間はEU諸国の中で最も長い(EUの平均労働時間が週40.3時間であるのに対し、英国の平均労働時間は週42.3時間)と言われており、お昼休みは34分と短いのが当たり前なんだとか。

【動画】就寝前に取り入れたい、「おでこの筋膜」をほぐす脳と頭のマッサージ

今回は、起業家のマーティン・ビエルゴーとジョーダン・ミルンが考える、ワークライフバランスの取り方を、イギリス版ウィメンズヘルスからご紹介。

マーティン・ビエルゴーとジョーダン・ミルンは、著書『Winning Without Losing: 66 strategies for succeeding in business while living a happy and balanced life』の中で、自分と大切な人を最優先にしつつも、ビジネスで成功するためのメソッドを紹介している。
彼らによって有効性が十分に実証された、“ワークライフバランスと仕事での成功を同時に手にする” ための10のテクニックをチェックしていこう。

1.その日の仕事を賢くこなす

その日の仕事の攻略プランを練ることで、効率が劇的にアップする。例えば、受信メールが専用のフォルダに自動で分類されるよう設定したり、Googleドキュメントなどの共有システムを使ったり、毎朝着る服に悩まないようクローゼットを整理したり。
その日のうちに決めなければならないことが少なければ少ないほど、本当に重要なことに使える脳のスペースが増えるため、仕事がはかどる。

2.エネルギーにあふれた刺激的な環境に身を置く

起業家が、同じような考えを持つ人々と付き合おうとするのは、自分ひとりでは成長するビジネスを生み出すために必要なサポートが十分に得られないから。
個人事業主ではなくても、自分には見つけられないチャンスを見つけ、自分とは異なるスキルセットと視点を持ち、自分が最も助けを必要とするエリアを一緒に見極めてくれるような人々との交流を深めることで、成功への弾みをつけよう。
このような情報を集めれば、不必要かつ余計なことばかりに時間を使うのではなく、重要なことに焦点を当て、それだけに集中できるようになる。

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 12:02
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事