ここから本文です

マイラーズCは万馬券の確率大。人気落ちのGI馬と善戦マンが大駆けする

4/19(金) 6:08配信

webスポルティーバ

 GI安田記念(6月2日/東京・芝1600m)の前哨戦のひとつとなるGIIマイラーズC(京都・芝1600m)が4月21日に行なわれる。

【写真】安藤勝己氏選定「3歳牡馬番付」

 例年フルゲートになることも多いレースだが、今年は10頭立ての少頭数。しかも、前走のGII金鯱賞(3月10日/中京・芝2000m)を勝って復活を遂げたダノンプレミアム(牡4歳)、現在3連勝中の上がり馬インディチャンプ(牡4歳)といった強力4歳勢の断然ムードとあって、一見すると、堅い決着に収まりそうな気配である。

 しかし、過去10年の結果を見てみると、1番人気はわずか1勝と苦戦。3連単の配当も10回中8回が万馬券となっていて、2011年には123万4360円の高配当が記録されるなど、荒れる要素が十分にあるレースと言える。

 ちなみに、今年と同じく少頭数だった2009年(10頭立て)と2017年(11頭立て)も、2009年は9番人気のスマイルジャックが、2017年には7番人気のヤングマンパワーが、ともに3着に突っ込んできて波乱を起こしている。

 そこで、今回も荒れることを見込んで、過去の傾向から今年のレースで激走しそうな穴馬を探し出してみたい。

 最初にピックアップするのは、近走の成績から人気が落ちそうなGI馬である。

 2010年に5番人気で3着となったキャプテントゥーレ、2013年に5番人気で勝利したグランプリボス、2016年に5番人気で2着に入ったダノンシャークは、いずれもこのパターンだ。

 キャプテントゥーレとグランプリボスはレースの2年前、3歳時にGI勝ちがあり、その翌年も重賞を勝つなど、まずまずの成績を残していた。ただ、直近の重賞レースで2頭ともふた桁着順の大敗を喫したことで、人気が落ちてしまった。

 ダノンシャークも2年前のGIマイルCS(京都・芝1600m)を制すが、以降は低迷。翌年は5走して未勝利のうえ、10着以下の惨敗を3度も味わっていた。そうした状況にあって、マイラーズCでは伏兵扱いにとどまった。

 だが、GI馬の底力は侮れない。こうした例から、今回も人気落ち必至な状況にあるGI馬を無視することはできない。

 浮上するのは、ケイアイノーテック(牡4歳)とモズアスコット(牡5歳)。いずれもGI馬だが、ここ最近の成績が振るわず、上位人気を争うまでには至らないだろう。そして、より高配当狙いに徹するなら、ケイアイノーテックがオススメだ。

 ケイアイノーテックは昨春、GI NHKマイルC(5月6日/東京・芝1600m)を制覇。3歳のマイル王に輝いた。しかし、その後はさっぱり。3走前のマイルCS(11月18日)で11着、2走前のGII阪神C(12月22日/阪神・芝1400m)では6着、ダート戦に挑んだ前走のGIII根岸S(1月27日/東京・ダート1400)でも10着と惨敗を喫している。

 おかげで、GI馬ながら今回も人気は望めないが、休養期間中に立て直しが図れていれば、復調していてもおかしくない。芝のマイル戦に戻り、展開によっては上位争いに食い込んでくる可能性が大いにある。

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 6:08
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事