ここから本文です

【RIZIN】北岡悟、直前会見「この3カ月半、生きてこれた」

4/19(金) 12:37配信

ゴング格闘技

4月21日(日)、横浜アリーナにて開催される「RIZIN.15」に出場する全選手の個別インタビューが19日(金)都内にて行われた。

【写真】事前アンケートではテーマを聞かれ「散らない桜 北岡悟」と回答した

今回の試合でプロ70戦目となる北岡悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)が、プロ8戦目でこれまでMMA無敗のホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)と対戦する。

2017年ムンジアル(世界柔術選手権)黒帯ライト級準優勝、MMA7戦無敗の実力者ホベルト・サトシ・ソウザとの1戦に向け、北岡は「この2年ほど試行錯誤して形になってきた」ことを、事前インタビューで語っている。

また、今回の試合直前会見では、SNSで投稿した通り、日本柔術界の強豪、CARPE DIEMの岩崎正寛を招聘して練習したことも明かし、「だいたいどんなことをやってくるのか、やりました」と語った。

「試合では何でも出来るし、何でもやられる可能性もある」という北岡は、「この試合で勝って今年もっと試合をしたいという気持ちはあります。相手に対してではなく、なめんなよ、と思います」と、格闘技と自身をめぐる状況に、厳しい表情を見せた。

▼第9試合 RIZIN MMAルール 71kg契約 5分3R
北岡 悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)
ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)

──現在のコンディションは?

「試合2日前のコンディションです」

──大晦日の試合を経て、周囲の変化は?

「声をかけられて『違います』という回数が増えました」

──どんな試合を?

「どんな試合……ざっくりしていて答えようがない」

──今回のセコンドは?

「いつも見てもらっているトレーナーの方と、ロッキー川村、それに八隅孝平です」

──いつも強敵が相手だが?

「今回に限ったことではないですが、単純に相手が強いと考えています。いつものことだけど。でもやっぱりここまで意気込んでやってこれたのは、本当にいい相手ということでしょう。毎回、RIZINでは強い選手を当ててもらってありがたいことだなと思っています」

──そういう相手をぶつけられることについては?

「縁に近いものだと思います。たまたまだと思います。そういう役割に勝手になっているというか。……結局、戦績が良くなくて、この2年間、試合を組んでいただき、大晦日には前半のメインイベントで川尻達也選手とやらせてもらって、とてもありがたいことで、それが、力になりました。それでこの3カ月半、生きてこれたと思います。それが四苦八苦した2年間とミックスして、より強い自分を作ってきた自信がりがあります。それをリングで出したい」

──常にいまが最強の自分であると?

「そういわれたらそう答えます」

──試合映像はどのくらい観た?

「2年前の試合映像を見て、その後、DJ(Taiki)がほかの映像も見せてくれました。QUINTETの動きも。いつもあんまりなめまわすようには見ないですが、この技が得意だとか、柔術の日本人のトップ選手(CARPE DIEMの岩崎正寛)とは組ませていただき、どういう感じなのかはやってきました。試合では何でも出来るし、何でもやられる可能性もあります」

──そのうえで試合を決める鍵となるのは?

「言いたくないです…………『言いたくないです』で終わり?(苦笑)。何かほかにありますか? そんなに怖くないですよ、僕(笑)」

──GPは意識しない?

「しないです。この試合で勝って今年もっと試合をしたいという気持ちはあります。これに勝たないとなという思いはありますし、勝って切り拓くものだと思います。……なめんなよ、と思います。それは対戦相手じゃなくて、いろいろなものに」

最終更新:4/19(金) 12:37
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事