ここから本文です

『トイ・ストーリー4』ポスター&最新映像公開 遊園地を前に佇むウッディとバズの後ろ姿が

4/19(金) 6:04配信

リアルサウンド

 『トイ・ストーリー』の最新作『トイ・ストーリー4』の最新映像と日本版ポスタービジュアルが公開された。

 本作は、おもちゃたちの世界を舞台に、人とおもちゃの絆を描く『トイ・ストーリー』シリーズ最新作。新キャラクター“フォーキー”が登場すること以外、物語については一切明かされておらず、アンドリュー・スタントン、ピート・ドクター、リー・アンクリッチといった『トイ・ストーリー』全作品に深く関わっているピクサーのストーリー・テラーたちがアイデアを持ち込み、『インサイド・ヘッド』で脚本を担当したジョシュ・クーリーがメガホンを取った。

 ウッディとバズ・ライトイヤーといったお馴染みのキャラクターに加え、19年ぶりにシリーズにカムバックしたボー・ピープが登場。さらに、物語のキーマンと噂されるフォーキーやふわもふコンビダッキー&バニーはもちろん、カワイイ女の子のアンティークおもちゃギャビー・ギャビー、カナダのスタントマンであるデューク・カブーンといった新たなキャラクターも登場する。

 公開されたポスターには、本作の舞台となる遊園地を前に佇むウッディとバズの後ろ姿が描かれている。『トイ・ストーリー』で出会った2人は反発しながらも友情を築き、『トイ・ストーリー2』ではウッディを助けるためにバズが奮闘し、さらに固い絆で結ばれた。そして『トイ・ストーリー3』では2人にとっても大きな別れを経験した。

 最新映像では、ウッディが“おもちゃとしての宿命”と“自分の本当の気持ち”に揺れ動く様子が描かれる。おもちゃにとって一番大切なことは“いつも子供のそばにいること”や、子供と“ずっと寄り添って生きていくこと”。しかし、再会したボー・ピープの「おもちゃにも他の生き方があるはずよ」という言葉に、ウッディは心を動かされていく。さらに、映像の最後ではウッディの相棒であるバズ・ライトイヤーが「心の声に従うんだ」と、親友として悩みを抱えるウッディを後押しする言葉をかけている。

 ピクサーの「過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない」という言葉通り、クーリー監督は「終わりはいつだって新しい始まりなんだ。前作でアンディと別れたウッディがこれからどうなるんだろうかと考えた」と新たなストーリーが生まれたきっかけを語っている。

リアルサウンド編集部

最終更新:4/19(金) 6:04
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事