ここから本文です

2度目の世界戦。藤澤五月&山口剛史の視野にはメダルが見えている

4/19(金) 7:20配信

webスポルティーバ

 カーリングのミックスダブルス世界選手権(4月20日~27日)がノルウェー・スタヴァンゲルで行なわれる。

【写真】世界で奮闘した中部電力

 日本代表として挑むのは、昨年と同じく藤澤五月(ロコ・ソラーレ)と山口剛史(SC軽井沢クラブ)のペアだ。3月に軽井沢で開催された日本選手権で連覇を果たし、今年は前回大会の5位を上回る成績が期待される。

 藤澤は同大会の直前に、ロコ・ソラーレのスキップとしてワールドツアー最高峰のタイトルとなるグランドスラム『プレーヤーズチャンピオンシップ』(4月9日~14日/カナダ・トロント)に出場。ベスト8で大会を終えると、開催地のスタヴァンゲルへと直接向かった。

 トロントを発つ前、藤澤に世界選手権での目標を尋ねると、こう即答した。

「まずは(ベスト)16に残ること」

 それには理由がある。3年後の2022年北京五輪における日本代表の出場枠獲得に絡んでくるからだ。

 五輪出場枠は、4人制と同じく五輪から遡(さかのぼ)って直近の2つの世界選手権、北京五輪の場合は2020年と2021年大会の成績に応じたポイントによって決まる。同2大会でベスト8前後の成績を残せば、日本も初の出場権を獲得することができるだろう。

 そんななか、ミックスダブルス世界選手権のレギュレーションが来季から変更されることになった。今季まではオープン参加、つまり世界カーリング連盟に加盟していて、自国協会を持っていれば、どこの国も地域も出場可能だった。

 それが、来季からは参加国が20カ国に絞られることになった。前回大会でベスト16に入った国と、その他の国で争われるワイルドカードで出場権を得た4カ国となる。

 すなわち、五輪ポイントが振り分けられる来年の2020年大会に出場するには、今年の大会でベスト16に残ることが第一条件となるのだ。

 昨年の平昌五輪から新たに採用された種目で、日本は同五輪での出場は叶わなかった。そのため、JCA(日本カーリング協会)は2022年北京五輪に向けて、男女のチームに加えて、ミックスダブルスでの出場も目指して強化を進めている。そういう意味でも、来年の世界選手権出場枠を得られるベスト16以上の結果が、今回の藤澤&山口には求められているわけだ。

 そして、今大会は48カ国が参加し、まずは8チーム×6ブロックに分かれての予選リーグが実施される。そこから、各ブロック上位2チームと、各ブロック3位のうち成績のいい4チーム、計16チームがクオリファイ(決勝トーナメント)に進出して頂点を争う。

 ということは、五輪出場がかかる来年の大会に出場するには、まずは予選リーグを突破しなければいけない。敗退すれば、激戦が予想されるワイルドカードでの出場を目指すことになる。

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 7:20
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事