ここから本文です

宮迫博之、飛田新地で働く女性と「駆け落ち」約束した過去

4/19(金) 16:00配信

SmartFLASH

 4月16日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、雨上がり決死隊の宮迫博之が、若手時代のエピソードを明かした。

【写真】息子に弁当を作り続けた「宮迫博之」感謝の言葉に少し涙が

 宮迫は大阪の遊郭・飛田新地で働く女性と「恋に落ちたことがあった」と語り、「駆け落ちしようって感じになった」と明かす。

 思いが募り、待ち合わせ場所まで決めたが、先輩から「お前、アカン」と止められて断念したという。

 宮迫が「30年以上前の話」と振り返ると、スピードワゴンの小沢一敬は「青春だね」と驚いていた。

 2月26日放送の同番組でも宮迫博之が、若手時代の秘話を話した。

 当時、お金がなく「死ぬほどダサかったんで。服に興味もなかった」と話し、履物も「500円のわらじ」しかなかったという。

 だが、アメリカに行くロケが決まり、「空港にわらじで行ったら、珍しく蛍原さんに『宮迫、わらじでアメリカはアカン』って言われて、空港で靴買った」という。蛍原は「寒いから、指えらいことになる」と心配して指摘したと話していた。

 数々のレギュラー番組を持つようになった雨上がり決死隊。若手時代から2人でさまざまなハプニングを乗り越えて大成したようだ。

最終更新:4/19(金) 16:39
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事