ここから本文です

満島ひかり “子どもを抱いた”花見姿を目撃、まさかの「本人から直電」に記者仰天

4/19(金) 18:00配信

週刊女性PRIME

 昨年3月、事務所から独立してフリーランスの女優となった満島ひかり。独立後は、仕事の窓口も自ら担当、メールの返信から電話対応まで本人がこなしているという。ただ、そんな慣れない生活からか、出演予定だった舞台の降板騒ぎや、仕事への返事がなかなか来ないなど、周辺からの不満も取り沙汰された。

【写真】今回の全身ショット。打ち上げでは男性スタッフの肩に手を…

 そんな満島を4月上旬の週末、都内の皇居近くにある広々とした公園で目撃。

 この日、公園には満開の桜を楽しもうと、たくさんのパパやママたちが子ども連れで訪れていた。中にはビニールシートを敷いて、飲み物や軽食を持ち寄り、花見を楽しむ家族や団体もチラホラ。

 子ども連れで訪れていたママのひとりが言う。

「子どもが遊ぶ広場の中に、10人ぐらいの若めのパパママの団体がいて、それぞれベビーカーに乗った子どもたちも一緒だったのですが、その中に満島ひかりさんがいたんです。その広場は午後4時半にフェンスが閉まるのですが、満島さんたちは閉まる間際までいました」

 満島の格好は、白シャツの上に白のニットベスト。さらに白のゆったりしたカーゴパンツで、足元は黒のブーツというラフなスタイル。肩から斜めに一眼レフのカメラを提げていた。

「満島さんは2歳ぐらいの男の子を抱っこしていましたね。ずいぶんと扱いも慣れているし、男の子も懐いていたので“アレ? 子どもいたっけ?”と一瞬、思いましたが、となりにベビーカーを押す女性がいて、妹さんの子どもだとわかりました」

満島本人から電話が!

 満島の妹とは、5歳下でモデルの満島みなみ。'15年に一般男性と結婚し、'16年に子どもを出産している。

 一方、満島自身は映画監督の石井裕也氏と'10年に結婚したものの、'16年に離婚。子どもはいない。その後は瑛太の弟で俳優の永山絢斗との交際が話題となったが、新たな恋人の噂はいまのところない状況だ。

 女優業では、今年7月には舞台が予定されており、坂口健太郎や弟で俳優の満島真之介と共演。さらに、今秋公開予定の映画『最高の人生の見つけ方』では、吉永小百合と天海祐希と共演しており、本業の話題も多くなりつつある。

「少し自分と向き合いたいと思って。時間が欲しかった。忙しくなると、我慢が重なって、周りの人に火を飛ばすようになっちゃう。ちょっと語気が荒くなったり、それが自分で気になってしまって、人に何か言うよりは自分でやって感謝するほうがいいなと思った」

 昨年末に出演した『あさイチ』(NHK)で、独立した理由を明るくそう答えていた満島。

 お花見当日の話を聞こうと、妹のモデルエージェンシーに連絡を入れたところ、なんと満島本人から記者のケータイに連絡が。さすが、なんでも自分でこなすフリーランス女優!

――一緒にお花見をしていたのは?

「すべて私の友達です。妹のみなみも一緒でした。ほかに子どもたちもいて。それより私、ヘンな顔した写真を撮られていませんか?」

――子どもを抱っこして、楽しそうないい表情です。

「それならいいんですが。私の洋服、汚れて茶色くなってたでしょ」

――子どもたちとたくさん遊んで、いい“ママ役”を務めたのでは?

「いえいえ、あくまでも“お友だち”です(笑)」

 オープンであっけらかん。ひと皮むけて、本業のほうも順調の模様。穏やかな春の週末は、充実した時間を愉しんだひとときだったようだ。

最終更新:4/20(土) 22:24
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/4号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事