ここから本文です

エンジェル投資家が「ベンチャー」に資金を出す真の狙いとは?

4/19(金) 9:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

投資家に多くの夢を与える「ベンチャー投資」。しかし、その投資対象は甘く見ても玉石混交であり、情報の見極めにはかなりの眼力が必要です。ここでは、エンジェル投資家を目指す人が身につけるべき基礎知識を伝授するととともに、これからますます活性化するであろうベンチャー投資の醍醐味をお伝えしていきます。

夢もリスクもある「ベンチャー投資」だが…

ベンチャー投資――。様々な金融商品投資を行う人にとって、この言葉には大きな期待や夢、ときには甘美な憧憬を抱かせるものではないでしょうか。しかしその一方で、未上場株詐欺といった犯罪行為も存在し、不安やリスクもまた、同様に無視できない大きさであるといえます。

そもそもベンチャー企業とは何か。エンジェル投資家とは何か。そして、エンジェル投資家になると、一体どの程度儲かるものなのか。基礎知識のない人が、インターネットから正確で有益な情報だけをすくい取るのは、並大抵のことではありません。

本連載では、ますますその数を増やしているベンチャー企業と、それにともなって増加する投資資金の流れを追いながら、これからエンジェル投資家になる人たちに向け、「ベンチャー投資」について、その実態や今後の方向性を解説していきます。

エンジェル投資家が求めるのは「金銭」だけではない!?

筆者はこれまで、監査法人にて上場準備企業の監査、その後に公認会計士専門の教育と人材紹介のビジネスから多くの上場準備企業と構築したネットワーク、そして現在はベンチャー企業の役員やアドバイザリーの業を通じて、IPOやM&Aの実態というものに触れてきました。IPOゴールだと叫ばれる企業や経営者を目の当たりにしながらも、IPOで必ずしも経営者が資金的に裕福になれるとは限らない現実や、簡単には達成できないはずのIPOを実現した企業群に複数投資している投資家が存在する事実など、まだまだ「ムラ社会」である界隈の奥底は深く、見えない部分も多いのです。

その一方で、「エンジェル投資家」の多くはビジネスが大好きであり、投資先の起業家を真剣に応援しているという点は事実であると認識しています。

一般にイメージしやすいエンジェル投資のEXIT(投資回収)機会であるIPO、これを実現した企業群に投資しているエンジェル投資家は、現状ではそのほとんどがEXIT経験のある起業家かもしくはそのボードメンバー、そうでなければ投資を生業としてきた投資家ばかりです。

後者は利益追求としての投資スタンスを崩さない傾向はありますが、前者はリスクを取って起業をしてきたメンバーであるためか、投資先の会社に対して資金だけでなく、自身の知識や経験に基づいた経営アドバイスや人脈の紹介など、多岐にわたりサポートを行っています。

そのようなエンジェル投資家の話を見聞きして感じたのは、エンジェル投資を行うことで、彼らはIPOやM&Aの達成から得られる金銭的な期待以外のものをベンチャー企業から受け取っているのだろうということです。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 10:03
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事