ここから本文です

【J1展望】浦和×神戸|監督交代に揺れる神戸はサンペールがベンチ?浦和はホーム初勝利のチャンスだ

4/19(金) 17:20配信

SOCCER DIGEST Web

浦和――3バックの継続が濃厚

J1リーグ8節
浦和レッズ-ヴィッセル神戸
4月20日(土)/13:00/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
今季成績(7節終了時):7位 勝点11 3勝2分2敗 5得点・7失点
 
【最新チーム事情】
●メンバーはガンバ大阪戦からの継続が濃厚。
●指揮官はサイドチェンジを強く求める。
●山中には横浜で慣れ親しんだインサイドプレーも要求される。

【画像】神戸ポドルスキ、主将退任に次いで発信した意味深なメッセージ

【担当記者の視点】
 前節のG大阪戦でリーグ戦では3試合ぶりに3バックへ戻した。試合の3日後にACLの韓国遠征を控えるこの神戸戦でも、スタメンの人選とシステムは継続が極めて濃厚だ。
 
 3バックに戻したことでG大阪戦を無失点で乗り切っただけに、ここまで7試合で5得点の攻撃には改善が求められる。武藤もまた「狙いのセットプレーで得点できるのは良いけど、形を作らないと厳しくなっていく」と話した。オリヴェイラ監督は神戸戦を想定した練習で、素早いサイドチェンジを求めている。
 
 その中で左ウイングバックに入る山中には、タイミングを見て中央に進出するプレーも要求されている。昨季まで所属の横浜では日常だったプレーだけに「僕にとって新しいプレーではない」と自信を見せた。
 
 平成最後のホームゲームはチケットも完売に近い。満員の埼玉スタジアムで、今季のリーグ戦ホーム初勝利を挙げたい。

神戸――サンペールを外すとすれば…

J1リーグ8節
浦和レッズ - ヴィッセル神戸
4月20日(土)/13:00/埼玉スタジアム2002
 
ヴィッセル神戸
今季成績(7節終了時):7位 勝点11 3勝2分2敗 5得点・7失点
 
【最新チーム事情】
●リージョ監督が契約解除となり、吉田孝行氏が再び監督に。
●7月に「Rakuten Cup」の開催が決定。バルセロナとチェルシーが来日。
●ポドルスキがキャプテンを辞任。自身のツイッターで発表。

【担当記者の視点】
 4月17日にリージョ監督との契約解除と、吉田監督の再就任が発表された。電撃的な指揮官交代に、チームは揺れている。監督が代わったばかりでは、メンバーはまったく読めない状況だ。サンペールを外した構成も考えられる。その場合は、三田とキム・スンギュがスタメンに復帰するだろう。
 
 また右足の内転筋を痛めているビジャは今節も出場が微妙だが、それでも今季公式戦5試合5得点のウェリントンがいるため、ある程度攻撃は計算が立つ。
 
 懸念はむしろ直近のリーグ3試合で9失点している守備面。興梠や武藤など実力者を揃える浦和の攻撃を抑えられるか。

最終更新:4/19(金) 17:21
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事