ここから本文です

「日本代表としてワールドカップで活躍したい!」マドリーの15歳、中井卓大が名FWの前で夢を語る!

4/19(金) 19:00配信

SOCCER DIGEST Web

大器が語った大きな夢とは?

 話題の逸材MFが期待に違わぬ力を発揮した。

 4月19日、馬入ふれあい公園サッカー場と柳島スポーツ公園で、U-16キリンレモン CUP2019が開催され、昨年の同大会を制しているレアル・マドリーのカデーテAに所属する“ピピ”こと中井卓大が登場した。

【PHOTO】レアルの15歳、中井卓大が妙技を連発! 日本凱旋の厳選フォトをお届け!

 世界屈指のビッグクラブであるマドリーの下部組織に日本人として初めて入団した日本サッカー界期待の大器は、U-17日本代表の森山佳郎監督も視察に訪れるなか、大会初日から東京ヴェルディ戦と桐光学園戦ともに4-3-3のインサイドハーフで先発出場を飾った。

 試合では、マドリーのトリスタン・ダビド・セラドル・ロドリゲス監督が、「去年に比べフィジカル能力が上がっている」と称えた通り、180センチの体躯を利したボディバランスと卓越したボールさばきで中盤を巧みにコントロール。その安定したプレーからは、マドリーの下部組織で研鑽を積んでいる成果の一端が見られた。

 そんな期待の逸材は、桐光学園戦後のフラッシュインタビューで、自身の課題について、こうコメントしている。
 
「今、監督からはボールをもらう前に首を振って、トラップしやすいようにして、ツータッチ、スリータッチではたけって言われています。日本ではトップ(前線)だったんですけど、マドリーに来てからトップ下とかボランチをやらせてもらっていて、もっとディフェンス面を強く、上手くなりたいです。

 あとはシュートも上手くなって、ゴールを決められたらいいですね。一番の課題はエリアの外からのシュートだと思っていて、それは監督にも、チームメイトからも言われているので、直していきたいですね」

 冷静に自己分析を展開した中井は、まだ15歳だ。その夢は大きい。インタビュアーとして取材に訪れていた元日本代表の名FW中山雅史から将来の目標について聞かれると、にこやかな表情で、力強くこう語った。

「日本代表ではワールドカップに出て活躍したいというのがあります。マドリーではサンチャゴ・ベルナベウのピッチに立って、ゴールを決めたいです!」

 スペインの地で鍛錬を重ねる逸材は、はたしてこの先、どこまで羽ばたいていくのか。目が離せない。。

取材・文●羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

最終更新:4/19(金) 19:23
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事