ここから本文です

【MLB】左翼から158キロ! 若手有望株のレーザービームをMLBが称賛「完璧なスロー」

4/19(金) 19:03配信

THE ANSWER

ドジャースの22歳ベルドゥーゴのレーザー送球に称賛続々

 米大リーグで見事なレーザービームが脚光を浴びている。ドジャーズのアレックス・ベルドゥーゴ外野手が見事なストライク送球を本塁へ送り、走者を仕留めるシーンをMLBが「完璧なスロー」と称え、動画付きで公開。ファンは「ほとんど完璧に近い」などと拍手を送っている。

【動画】「完璧なスロー」とMLB称賛、これが22歳の有望株ベルトゥーゴの左翼から158キロのレーザービームの実際の瞬間

 2017年WBCメキシコ代表のベルドゥーゴが自慢の強肩を発動させた。18日(日本時間19日)の敵地ブルワーズ戦。2死二塁の場面で、ケインの打球は左翼の守備に入っていたベルドゥーゴの前に。前進しながら捕球するや、本塁へ矢のような送球を披露した。

 捕手の手前でワンバウンドするストライク送球。二塁走者の悠々とアウトにしてみせたのだ。MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、送球は98.4マイル(約158.4キロ)を計測。22歳の有望株は見事に期待に応えてみせた。

「完璧なスロー」とMLBは公式インスタグラムに称賛をつづり、動画付きで公開。ファンからも「改善点はあるにしろ、ほとんど完璧に近い」「キャノン」「これ以上ないスロー」「完璧ではないかもしれないけれど、間違いなくいいスロー」などと拍手が送られていたが、中には「イチローのスローのほうが良かった」との声も。

 ベルドゥーゴの好守も光り、ドジャースが3-1で勝利。連勝を5に伸ばし、首位をキープしている。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:32
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事