ここから本文です

レアル15歳中井、日本凱旋で明かした目標 「サンチャゴ・ベルナベウでゴールを決めたい」

4/19(金) 18:47配信

Football ZONE web

第2試合の桐光学園戦はゲーム主将を務めて2連勝に貢献 目標とする選手はモドリッチ

 レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属する“ピピ”ことMF中井卓大は、19日に神奈川県で行われた「U-16キリンレモンCUP」の東京ヴェルディユース、桐光学園高との2試合(30分ハーフ)に出場。中盤での的確な散らしでチームの攻撃を促進し、グループリーグ2連勝に貢献した。

【動画】レアルMF中井卓大、華麗なドリブルから“20m超絶ゴール”

 第1試合の東京ヴェルディU-16戦(4-1)に続き、中井は第2試合の桐光学園戦でもスタメン出場。チームの第2キャプテン(日本で言う副キャプテン)を務める背番号8は、エル・ブランコ(レアルの愛称)のキャプテンマークを巻いてピッチに立った。4-2-3-1のボランチに入ると、最終ラインからボールを引き出してシンプルにパスをはたき、攻撃を活性化する。

 前半26分、レアルは中盤でボールを受けた中井が右サイドに展開し、敵陣にアタック。FWエカイツが相手に倒されて獲得したPKを自ら決め、先制点を挙げた。連戦ということもあり、中井は後半17分に途中交代したが、チームは1-0で2連勝を飾った。

 昨年の「U-15キリンレモンCUP」以来、2度目の日本凱旋となった中井は、試合後のインタビューでトリスタン・ダビッド・セラドル・ロドリゲス監督から、「まずは(ボールを)もらう前に首を振ってトラップしやすいように体を向けろ」「2タッチ、3タッチではたけ」と指示を受けていることに言及。ボランチというポジションについて、「日本ではトップでしたけど、レアルに来てからトップ下、ボランチをやっていて、好きなポジションでいっぱいボールがもらえて楽しい」と感想を口にした。

 目標にしている選手に、昨年のバロンドール受賞者で、レアルのトップチームで主力を張るクロアチア代表MFルカ・モドリッチの名前を挙げた中井。「一番課題にしているのはエリア外からのミドル(シュート)。監督からも言われているし、みんなからも言われている」と話したが、来日前に2試合連続で鮮烈なミドル弾を決めたのはその意識の賜物だろう。

「日本代表ではワールドカップに出て活躍したい。レアルでは(本拠地の)サンチャゴ・ベルナベウに立ってゴールを決めたいです」

 身長が180センチとなり、いっそうスケール感を増した中井。FC東京の17歳MF久保建英とともに、その成長にさらなる期待が懸かる。

Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

最終更新:4/19(金) 19:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事