ここから本文です

天海祐希「緊急取調室」第2話が13.4%を記録! 平均視聴率は単独首位に

4/19(金) 10:26配信

ザテレビジョン

4月18日に放送された天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(毎週木曜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第2話の平均視聴率が、13.4%だったことが分かった。

【写真を見る】“キントリ特製あんぱん”を囲む天海祐希らキャスト陣

初回拡大SPから15.2%と好スタートを切り、4月19日時点での4月期民放連続ドラマでトップ(14.4%)の座を守っている。(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)

本作は、天海演じるたたき上げの取調官・真壁有希子が、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる刑事ドラマの第3弾。

第2話では、世間が注目する女流棋戦の最終対局中にスポンサーが毒殺される事件が発生。ベテラン女流棋士・あずさ(紺野まひる)の証言により、新進女流棋士・日名子(松井珠理奈)に疑いの目が注がれる中、有希子らは日名子とあずさを同じ日時に別室へ召喚。前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める、というもの。

4月25日(木)放送の第3話では、“5億稼ぐ女”と呼ばれるカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子)が自宅マンションで殺害される。有希子は、第一発見者である平井かすみ(仙道敦子)の取り調べを始めるが、犯行を全面否定され、“出口の見えない黙秘”に転じてしまう、という物語が展開される。(ザテレビジョン)

最終更新:4/19(金) 11:47
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン22号
5月22日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事