ここから本文です

鈴木紗理奈が“和風なあだ名”のFBI捜査官に! 内藤剛志と19年ぶりにドラマ共演

4/19(金) 14:43配信

ザテレビジョン

鈴木紗理奈が、4月21日(日)放送の「警視庁・捜査一課長 スペシャル」(夜9:00-11:05、テレビ朝日系)に出演し、内藤剛志と19年ぶりにドラマ共演を果たす。

【写真を見る】夫が失踪したにもかかわらず、警察に届けを出してなく、殺人の疑いをかけられる妻役で横山めぐみが出演

今回の事件の舞台は、東京とニューヨーク。東京とニューヨークで同じ日に、サトウ・アキラという同じ名前の日本人が殺害されるという不可解な事件を描く。

鈴木が演じるのは、日米にまたがる事件の捜査のためにFBIから送り込まれてきたエリート捜査官・神林瑤子。

瑤子は5年前に警視庁から研修生としてFBIに出向したエリート女性で、パンツスーツにカウボーイハットといういで立ちで、さっそうと空港に降り立つ。

彼女は大岩とタッグを組むことになるが、ヨーコ・カンバヤシという名前からヨウカンと和風なあだ名を付けられてしまう。

19年ぶりのドラマ共演にもかかわらず、共に大阪府出身でバラエティー番組でも共演経験が多数あり、気心知れた間柄だという二人の掛け合いに注目。

■ 内藤剛志コメント

――鈴木紗理奈さんとの共演は「QUIZ」(2000年、TBS系)以来ですが、どんな印象を?

ドラマ共演は19年ぶりですが、実はバラエティーの現場ではよくお会いしていて、先日、彼女が出演した舞台も見に行ったので、久しぶりという感じはあまりないんです。

昔から、ものすごく面白い女優さんだなと感心していましたし、彼女も僕も関西人という同じルーツを持つ人間ということもあり、バイタリティーが素晴らしいなと思っていました。息子さんも生まれ、いい意味で人間としてとても強くなったようにも感じています。

――撮影の合間はどんな会話をされたのでしょうか?

毎日、関西弁でいじり倒し、かつ僕がアホなことを言ったら、「なんでやねん、おっさん!」ってツッコんでほしいと頼んでいました(笑)。

東京ではツッコまないで会話をおしまいにする方が多いのですが、関西人にとって“ボケっぱなし”は、めちゃくちゃ気持ち悪いんですよ(笑)。紗理奈には「先輩後輩は関係ないから、とにかくツッコんでくれ!」と、始終言っていました(笑)。

――神林瑤子捜査官が「捜査一課長」にもたらすものは?

瑤子は最初、アメリカナイズされたバリバリの強い女として現れるのですが、次第にまとっていたものがはがれて、ネガティブな感情を持っている人間だということが明らかになっていきます。

瑤子は自分に自信がないのに、それを隠して強がっているんですね。そんなキャラクターが登場するのは、このシリーズで初めてだと思います。

今回のスペシャルは、事件の謎解きはもちろん楽しめますが、瑤子が自信を取り戻していく成長ストーリーでもあります。人間、誰だってネガティブな感情を持っているはず…。紗理奈が演じる瑤子という一人の刑事を通して、皆さんにも“勇気”をお届けできると思います。

――山村紅葉さんなど豪華キャストも登場しますが、現場はいかがでしたか?

もみちゃん(山村紅葉)はドラマでもバラエティーでも結構お会いしていますが、すごい女優。なんといっても、一気に場の空気を自らのものにできる、あの存在感は唯一無二ですね。彼女が出てくださることによって、ドラマがとても“分厚く”なっています。

また、横山めぐみさん、パックン、野呂佳代さんなど多くのゲストの皆さんが、作品に厚みをもたらしてくださいました。分厚ければ分厚いほどドラマは面白くなりますので、ぜひ今回のスペシャルにご期待ください!

■ 鈴木紗理奈コメント

――“一課長”としての内藤さんの印象は?

以前から、内藤さんには男らしく、とてもすてきな方というイメージを持っていました。今回、「警視庁・捜査一課長」の現場でお会いしたら、男らしさはもちろんですが、ユーモアもたっぷりで、ますます大好きになりました。

――現場の雰囲気はいかがでしたか?

元々、このシリーズは展開が面白く、出演者の皆さんの息の合ったお芝居もあって、ハラハラしつつも安心してみられる作品という印象がありました。

現場では、お一人お一人のプロ意識の高さと、現場の“いい空気”に感動しました。合間は芝居やアドリブのまじめな話から、時に笑える話まで…多様な話題で盛り上がりました。

――ヨウカンというあだ名の役ですが、お聞きになったとき、率直にどう思われましたか?

めっちゃ“和”やん!! 私、アメリカ帰りのFBIなんですけど…(笑)。

――FBI特別捜査官の瑤子を演じるうえで大切にしたことは?

海外で活躍するキャリア女性に会いに行きました。とにかく合理的で淡々と話す印象でした。なので、みんなとうまくなじめないという出会いからのストーリーは大切に演じました。

とても刺激的なヨウカンをぜひ楽しんでください!

(ザテレビジョン)

最終更新:4/19(金) 14:43
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事