ここから本文です

宇佐美貴史、膝を強打しマインツ戦は欠場か。監督「痛みで起き上がれなかったようだ」

4/19(金) 8:40配信

フットボールチャンネル

 フォルトゥナ・デュッセルドルフに所属するMF宇佐美貴史が練習中に怪我を負ったようだ。

 現地時間20日、デュッセルドルフはブンデスリーガ第30節でマインツとの対戦が予定されている。18日には試合を前にした会見に出席したフリートヘルム・フンケル監督が宇佐美の欠場の可能性を示唆した。

「ウサミは昨日のトレーニングで味方選手と交錯した際、膝を強打し内出血を負った。その後も引き続き練習を行ったが、今日は痛みで起き上がれなかったようだ。明日の状況を見て見なければならない」

 宇佐美は今季これまでリーグ戦19試合に出場し1得点3アシストの数字を残している。チームは既に来季1部残留を果たしている事から、直近の5試合で42分のみの出場時間に留まっていた宇佐美にもチャンスを与えられる可能性もあるだけに怪我の状況が気になるところだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/19(金) 8:40
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事