ここから本文です

「ワンセグ携帯所持は契約義務アリ」の判決が最高裁で確定。スマホ、カーナビ所有者が知っておきたいNHK受信料の基礎知識

4/19(金) 6:20配信

週プレNEWS

■「ワンセグ使ってない」で、契約は拒めない
地上デジタル放送をスマホなどで視聴できるサービス「ワンセグ」。では、その機能がついたスマホを購入したら、NHKと受信契約を結ばなければならないのだろうか?

【画像】ワンセグ非搭載の最新スマホリスト

3月12日、NHKに対し「その義務はない」などと訴えを起こしていた4件の訴訟について、最高裁判所は原告の上告を棄却。つまり、司法は「ワンセグ携帯所持者はNHKと契約する義務がある」という、最終的な判断をしたのだ。

関口法律事務所の関口郷思(さとし)弁護士は次のように解説する。

「一連の裁判で争われたのは、放送法第64条第1項の『受信設備を設置した者は、協会(NHK)とその放送の受信についての契約をしなければならない』にある『設置』の文言が、ワンセグ携帯の所持にもあてはまるかどうかでした。

一審ではワンセグ携帯の所持は『設置』にあたらないとしてNHKの主張を退ける判決も出ましたが、二審は昨年、過去に携帯型ラジオの所持も『設置』にあたると解されていた経緯などを挙げ、『設置』に含まれるとする、原告敗訴の判決を下したのです。

今回の決定によりスマホ、ガラケーを問わず、ワンセグ対応の携帯電話利用者はNHKとの受信契約を行なう義務があることが明確になりました」

しかし近頃は、動画サイトを利用する人が増えていて、スマホでワンセグ放送を見る人なんてどれだけいるのか。まったく見ない人でも、契約しなくちゃダメなのか?

「はい。テレビと同様、スマホを購入した時点で『設置』と見なされますから、ワンセグ機能を使っていないという理由で契約を拒むことはできません」(関口氏)

マジかー。だったら、ワンセグのアプリを削除すればいいんじゃ? だがモバイル研究家で青森公立大学准教授の木暮祐一氏は次のように語る。

「プリインストール(出荷時にあらかじめインストールされている状態のこと)なので、一般的には削除はできません。『アプリを削除したからワンセグは視聴できない』と主張することはできないでしょう」

無理かあ......。そもそも、なんでスマホにワンセグ機能が搭載されることになったのか?

「初めて搭載された携帯電話は、2005年12月に発売されたauの『W33SA』です。この時期、キャリア各社は今で言うガラケーの多機能化を競っており、通信料収入に結びつかないワンセグ受信対応も、利用者への訴求ポイントでした。そしてその後、新機種にほぼ搭載されることになります。スマホのワンセグも、この流れを受けてのものです」(木暮氏)



ちなみに、同じく地デジ視聴が可能なクルマのカーナビも対象になるの?

「カーナビなど車載テレビについても同様です。NHKの規約でも対象となることが前提となっています」(関口氏)

ガーン! ひょっとしてクルマにナビ、スマホを複数台持っている人は、その分契約をしなくちゃいけない!?

「いえ、『受信契約は世帯ごとに行なう』と規約で定められているので、自宅のテレビでNHKと契約していれば、何台スマホを持っていても、カーナビ付きのクルマが何台あっても、新たに契約する必要はありません。今回、明確に契約の対象になったのは、自宅にテレビはないけれど、ワンセグ携帯は持っているという人です」

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 6:20
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.31
7月22日(月)発売

特別価格500円(税込)

参院選後、賃金マイナス×消費増税の地獄/
プロ野球「戦うアラフォー」特集/新型N-
WGN開発者ナマ直撃!【グラビア】小倉優
香/井桁弘恵/池田エライザ/沢口愛華 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事