ここから本文です

豪快で絶品なイタリアンの新店!春を思いっきりほおばろう!

4/19(金) 5:20配信

東京カレンダー

グルメ感度の高い読者なら、もうこの店はご存じだろうか?

今、予約争奪戦となっている話題のレストランが『チニャーレ ヴィーノ エ パーネ』だ。

旬の食材を使い、訪れる度に新しい美味しさへの出会いを与えてくれる名店の魅力を紹介しよう。

あの名店の姉妹店が待望の本格営業をスタート!

松見坂にある人気レストラン『Cignale ENOTECA(チニャーレエノテカ)』の姉妹店として学芸大学駅近くに2018年8月オープンした『チニャーレ ヴィーノ エ パーネ』。

元々、『Cignale』の歴史がスタートしたのもこの学芸大学という場所。松見坂に移転後も、この地にいつか姉妹店をという想いがあり、ずっと温め続けていたという。

不定期営業などを経て、満を持しての本格営業スタートに、噂を聞きつけた食通が続々と押し寄せているのだ。

佇まいに感じる確かな名店の風格

学芸大学駅から商店街を歩き、すぐのビル1階に『Cignale』という看板が見える。うっかりすると見落としてしまいそうなほどの小さなレストランである。しかし、そこからは確かな名店の雰囲気が伝わってくる。

扉を開ければ、カウンター席は目の前。座わずか6席である。キッチンとの距離も近く、調理風景や食材を切る音、焼き上げる香りがダイレクトに食欲を刺激してくれる。

旬の食材の良さを活かした料理が揃う

席に着くと、まずはシェフから本日使用している食材の説明がスタート。

食材の良さ活かし、その日毎に異なる料理が黒板に書かれる。メニューを眺めていると、端から端まで制覇したくなってしまう欲求に駆られる。実際、グループで利用する人は、シェアしながら多くの料理を楽しむという。

食事のスタートを飾るのは爽やかな一皿

この日前菜としてオーダーしたのは「真ダコの温製カルパッチョ」。

神奈川県佐島産の真ダコは、生の状態からサッと湯がいて柔らかく仕上げられており、そこにオリーブ、ケッパー、アンチョビで作るソース、玉ねぎ、コリアンダーがのる。

ライムを搾って味わうと真ダコの軽やかな食感に、爽やかな香りがプラスされ、食事を華やかにスタートさせてくれる。

1/3ページ

最終更新:4/19(金) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年7月号
5月21日発売

定価800円(税込み)

大人が楽しむハワイ
まだまだ知らなかった「ハワイ」がある

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事