ここから本文です

若葉竜也が華麗なる転身を振り返る チビ玉から演技派俳優への軌跡とは

4/19(金) 7:00配信

CREA WEB

 角田光代の恋愛小説を映画化した『愛がなんだ』で、自由奔放な年上女性に振り回される草食系男子を演じる若葉竜也。「チビ玉三兄弟」の三男として活躍し、近年は演技派俳優として注目を浴びる彼のキャリアを振り返る。

将来の夢は、役者“以外”

――幼少時は大衆演劇「若葉劇団」において、「チビ玉三兄弟」の三男として注目された若葉さんですが、当時に持っていた将来の夢は? 

 小学3年生ぐらいまでは、誰もが演劇のようなものをやっていると思い込んでいたんです。でも、友だちが特に稽古をしないことが分かり、「自分の家庭環境が特殊」だと分かりました(笑)。だから、それ以降、将来は役者以外になりたいと思っていましたね。それは親に対する反発心でもあって、「セリフを覚えて、それを人前で言うことって、おかしいでしょ?」という意識も持つようになりました。

――当時はドキュメンタリー番組での密着取材などもありました。また、学校に関しては転校が多かったのでしょうか? 

 密着取材は、親に怒られて泣いているところや、恥ずかしくて他人に見られたくないところを撮影されて、それに対して、とにかく嫌悪感を持っていましたね。学校は転校が多かったのですが、母親が学校と話をしてくれて、ひとつの学校に通えない時は宿題をもらって対応していくシステムで通っていました。その当時の友だちとは、今でも遊ぶことが多いですね。

今までとは違った芝居との出会い

――98年、NHK大河ドラマ「徳川慶喜」に七郎麿役で出演されます。

 小3ぐらいのときですが、大河ドラマに出ることが、どれだけスゴいことかを理解していませんでした。「舞台とあまり変わらないでしょ?」的な気持ちで現場に行ったら、大勢の大人たちがいて、とても驚いたことを覚えています。

――その後、04年にはWOWOWドラマ「4TEEN」の主演の一人に抜擢されます。

 舞台を見たスタッフの方から誘われ、オーディションを受けたのですが、あれよあれよという間に合格してしまいました。ただ、廣木隆一監督の現場はめちゃくちゃ面白かったんです。自分が今までやってきた芝居とは全然違うことを求められたからかもしれません。この作品をきっかけに、演者としてじゃなくても、制作部や録音部など、映画監督がいる現場に携わりたいと思うようになりました。

1/3ページ

最終更新:4/26(金) 13:55
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2019年6月号
5月7日発売

定価780円(税込)

なんでこんなにパンが好き?

松坂桃李/サンドウィッチマン
47都道府県おいしいパンリスト etc

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事