ここから本文です

広島がまさかの最下位。巨人・原監督は勝たせる監督として適任やな【岡田彰布のそらそうよ】

4/20(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

広島の打線は丸が抜け気負い過ぎている

3度目の登板となった巨人・原監督[左から3人目]。今回は2度目よりもさらにどっしりしている感がある。今季のセ・リーグは巨人を中心に回るな/写真=BBM

 深夜のスポーツニュースを見て、ホンマ、ビックリした。4月10日の広島対ヤクルト戦(マツダ広島)よ。モツれたこのゲーム、延長に入ったあとに異常事態が発生。ヤクルトがナント、1イニングで12点!! これには驚いた。取ったヤクルトもスゴいけど、取られた広島……。これは相当ショッキングな出来事よね。

 延長で1イニング2ケタ得点はなかなかお目にかかれるものではない。そのキッカケは広島の守備ミスから。あの広島がまさか、こんなゲームをしてしまうとは想像ができない。これが象徴するように、今季のカープはスタートで出遅れ、最下位に甘んじている。

 V4を目指し、V本命とされる広島に何が起きているのか。ひとつの不調の要因は、“丸ロス”であろうな。2年連続MVPの丸(丸佳浩)がFAで巨人に移籍。ポッカリ空いた穴は大きい。でもそこは底力の広島。層の厚さから、何としてもフォローするはず……とオレは見ていた。実際、カバーできる戦力よ。ただメンタル面の影響がモロに出ているといっていい。苦しみながらも力どおりに成績を出しているのは四番の鈴木(鈴木誠也)くらい。そこには丸不在によって、精神的に追い詰められている……というか、打線全体に気負いが出てしまっていると感じるわ。オレが、オレがと力むあまり、特徴であるつなぎが消えてしまっている。

 これが投手陣にも波及して、ホンマ、バランスの悪い展開になってしまっている。広島の良さ、強みはチーム・・・ 本文:2,317文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/20(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る