ここから本文です

人気タウン・武蔵小杉の隣駅「元住吉」 住みやすさは武蔵小杉より上?

4/20(土) 13:00配信

マネーポストWEB

 住んでみたい街の理想と現実には、得てして大きな差があるものだ。憧れのあの街は果たして本当に素敵な街なのか? まったくノーマークだけど、実は住みやすい街は? 今回は「元住吉」(神奈川県川崎市)について、ライターの金子則男氏が解説する。

 * * *
 平成末期になって、一気に「住みたい街」として注目を集めるようになったのが武蔵小杉。駅周辺にタワマンが次々と建ち、鉄道も非常に便利なことから一気に人気の街となりましたが、今回取り上げる元住吉は、その隣駅です。駅名に付く“元”は、かつてこの場所が「住吉村」という村だったことから付けられたものだそうですが、人気タウンの隣駅の住心地はいかがでしょう?

 鉄道は、形式上は東急東横線のみですが、東京目黒線が乗り入れており、不便さを感じることはありません。東横線で渋谷へも横浜へも20分程度。目黒線は東京メトロ南北線、都営三田線に乗り入れていますし、隣駅の武蔵小杉まで行けば、JR南武線や横須賀線、湘南新宿ラインなども使えます。

 道路状況はそれほど良くない印象。綱島街道、府中街道、尻手黒川道路など、頼みの綱となる幹線道路はいずれも交通量が多く、必ず混むポイントがいくつもあります。都内に向かうには多摩川を越えなくてはいけませんが、橋の近辺も渋滞ポイントの1つ。高速道路の入口までも遠く、休日のドライブでは、高速に乗るまで相当時間がかかりそうです。元住吉の象徴であるブレーメン通り商店街は、日中、車両通行止めですし、正直、車がなくても暮らしていける街だと思います。

沿線でも屈指のにぎわいの商店街

 道路状況の項で名前を挙げましたが、元住吉といえば「ブレーメン通り」です。元住吉駅は東横線の急行が停まらない駅ですが、駅の西側に伸びる商店街は、沿線でも屈指のにぎわいで知られており、道路の両側には生活に必要なあらゆるお店が揃っています。駅の東側にも、中小企業庁が選ぶ「がんばる商店街30選」にも選ばれた「オズ通り商店街」という素晴らしい商店街があります。

1/2ページ

最終更新:4/20(土) 13:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事