ここから本文です

殺虫剤にネオニコ含有、8割「知らない」

4/20(土) 11:17配信

オルタナ

ネオニコチノイド系薬剤は農作物に広く使用されている。土壌への浸透や残留性が高く生態系や人体への影響が懸念されるため、欧州では使用禁止にするなど規制を強化しているが、日本では国が規制を緩和するなど逆行している状況だ。14日、ネオニコチノイドに関するセミナーで6団体が調査・研究結果を発表した。京都市を対象にした調査では、殺虫剤などの製品にネオニコチノイドの記載がなく成分に含まれていることを知らない人が8割以上いたことが分かった。(松島 香織)

脳への影響も懸念

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストが都内で開催したセミナーで、助成を受けた6団体が生態系や人体に与える農薬の影響について報告した。

総合地球環境学研究所のマキシミリアン・スピーゲルバーグさんは、ネオニコチノイドを含む家庭用製品を扱っている京都市内のドラッグストアなどを調査し、京都市民1000人にオンラインアンケートを実施した。

ネオニコチノイドはペット用のノミ取り剤やシロアリ駆除剤にも含まれており、店舗では61種類が販売されていた。

製品には、ネオニコチノイド系薬剤を使用している記載や薬剤が人体に触れる危険性についての記載がほとんどなかったという。さらに、複数の薬剤を混合しより強い薬剤が使用されている一方、「殺虫剤」ではなく「虫ケア」という言い方をするなど、イメージをマイルド化している傾向があることが分かった。

市民アンケートでは、8割以上がこうした製品にネオニコチノイド系薬剤を使用していることを「知らない」と答えた。だが、欧米での規制を紹介すると78%以上が「日本でも成分の使用を再検討すべき」と答える結果が出た。

消費者には意識の啓発、商品には注意書きや警告マークの明記が必要だと、スピーゲルバーグさんは締め括った。

東北大学大学院薬学研究科の山國徹准教授は、ネオニコチノイド系殺虫剤のイミダクロプリドが哺乳類の末梢・中枢神経へ悪影響を及ぼす研究結果を発表した。

イミダクロプリドは厚生労働省が定める「毒物及び劇物取締法」で劇物に指定されているが、住宅用のシロアリ駆除剤として販売されている。昨今は駆除剤によって住宅が汚染される事故が増えており、居住者の健康被害が出ているという。

山國准教授の研究室では、マウスを使った実験で、副腎髄質細胞及び中脳ドーパミン神経細胞が低濃度のイミダクロプリドに長時間暴露した(さらされた)ときの影響について調べた。

イミダクロプリドが内在性アセチルコリン(生体または細胞の内部で生産される運動神経や副交感神経で刺激を伝達する物質)と協働して、ニコチン性のアセチルコリン受容体となり細胞膜へ集積され、神経細胞機能が亢進する仕組みを明らかにした。

「イミダクロプリドは循環器系に作用する」と山國准教授は脳への影響を懸念している。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 23:14
オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集「SDGsビジネス戦略:アウトサイドインは昭和と海外に学べ」
国内外のアウトサイドインビジネス事例
ロングインタビュー:坂本龍一氏(音楽家)
「個人も企業も反自然的な存在」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事