ここから本文です

夏休みの航空券は、5月に買うのがお得

4/20(土) 8:11配信

ライフハッカー[日本版]

航空券をお得に買うには、どういうコツがあるでしょうか?

・火曜日に買うこと
・朝5時に起きて買うこと
・往復でなく片道ずつ買うこと

【画像】夏休みの航空券は、5月に買うのがお得

どれも一度は聞いたことがあるかもしれません。でも、旅に関するアドバイスで誰にでも当てはまるものは、めったにありません。

昨年9億本以上の航空運賃を分析したCheapAir.comが最近発表した報告書を見ると、航空券を買うベストなタイミングがわかってきました。

1. 航空券は搭乗予定日の2カ月前に予約するのがベスト

一般的なフライトの運賃は、フライトが実際に離陸するまでに61回も変わることをご存知でしょうか?

上述の報告書によれば、2018年だと、航空券を購入するなら搭乗日の4カ月前から3週間前の間が良く、76日前がベストでした(昨年の報告書では70日以上前でしたが、2年前の報告書では54日以上前でした)。

つまり、出発の2カ月半前に航空券を購入するのが一番お得ということになります。

4カ月以上前に予約すると、20ドルから50ドル余分にかかってしまいますが、都合の良い時間のフライトを選べるなど、選択肢の幅が広がるという利点があります。

旅をするなら平日に

相変わらず日曜日に飛ぶフライトが一番高く、火曜日と水曜日に飛ぶフライトが一番安くなります。でも、そのフライトの予約を何曜日に入れるかは問題ではありません。昨年は、火曜日に予約を入れた場合と日曜日に予約を入れた場合では、1ドル程度しか違いませんでした。

ですから、何曜日に予約するかは気にする必要はないようです。

2. 繁忙期の旅行は、事前に計画を立てる

季節によっても航空運賃は大きく変わります。

夏の休暇に出かけるときのフライトなら、3カ月以上前に予約することが理想的です。つまり、夏休みの旅行を検討しているなら、5月が予約のベストタイミングということ。

でも、秋に予定している旅行のフライトなら69日前で大丈夫です。

春と冬の旅行はその中間ぐらいです。ほとんどの旅行は夏に予定されるため、夏場は他の季節より航空運賃も高くなります。

一方、冬もクリスマス休暇などで帰省する人が増えるので、繁忙期になります。

1/2ページ

最終更新:4/20(土) 8:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事