ここから本文です

お腹の脂肪が落ちないのは、運動の仕方が間違っているから?

4/20(土) 9:11配信

ライフハッカー[日本版]

まずは、事実を受け入れましょう。お腹の脂肪をちゃっかりと落とせるエクササイズなんて存在しません。

【記事の全画像】お腹の脂肪が落ちないのは、運動の仕方が間違っているから?

「お腹の脂肪を燃やす一番の方法は、全身の脂肪をくまなく燃やすこと。

脂肪が増えてしまった、あるいは余分な体脂肪がちっとも落ちない、というのは、遺伝によることが多いです。お腹まわりに脂肪が多い人もいれば、お尻や太ももに脂肪がつく人もいます」

と話すのは、ACE(American Council on Exercise)認定ヘルスコーチのマッケンジー・バンタさん。

エクササイズも含めてライフスタイルを変えることで、お腹の脂肪をなんとかすることはできるはずと言うのは、サウスカロライナ州の認定パーソナルトレーナー、デイヴィッド・チェスワースさん。

それでもやはり、とても重要なのはウエストラインを定期的にチェックすること。

胴まわりやお腹の内臓脂肪がつきすぎていると、2型糖尿病や心臓病など慢性的な健康問題のリスクが増える可能性があります。

近年の研究でも、腹部に過剰な脂肪があると、脳が萎縮するかもしれないと示すものがあります。

余分なウエストがいつまでも細くならないのは、ワークアウトのやり方に問題があるのかも。

ではさっそく、正しい運動のやり方と、よい間食の摂り方をみていきましょう。ワークアウトでやりがちな間違い6つ(前編)は、こちらの記事で。

目次

1.ワークアウトはジムでしか行わないものだと思っている
2.ワークアウトのプランがない
3.回数を行う際にズルをしている
4.よい姿勢を犠牲にしている
5.ワークアウトのために適切な食事をしていない
6.全か無かという妥協を許さない精神

1. ワークアウトはジムでしか行わないものだと思っている

ワークアウトを中心に生活を設計するのではなく、お腹の脂肪を落とすワークアウトを生活の中に取り入れていくようにしましょう。

「ライフスタイルの中でもプログラムを続けることが大事。私たちは日常生活で十分にストレスを受けています。トレーニングをおっくうな作業のように思ってしまうと、やめたくなってしまうのも当然です。誰かの助けが必要なら、いまの生活スケジュールにあった方法で、うまく身体を鍛えられるプログラムを考えてくれる専門家を見つけるといいでしょう」

と話すのは、ニューヨークのマスタートレーナー、アキーム・エモンズさんです。

なかなか体重が落ちなくなってイライラしているなら「散歩に行きましょう」とバンタさん。

お金は1円もかからないし、「身体を動かし、難しい挑戦についてじっくり検討したり、すぐに気分をアップさせたりするのにすばらしい方法です」

1/3ページ

最終更新:4/20(土) 9:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事