ここから本文です

お腹の脂肪が落ちないのは、運動の仕方が間違っているから?

4/20(土) 9:11配信

ライフハッカー[日本版]

2. ワークアウトのプランがない

「計画なくして成功なし、という言葉は真実です」とエモンズさん。

「プログラムをきちんと組み立てていれば、進捗を管理することができます。振り返りの記録をつけてみてください。私は自分の食事習慣や、ジムに行っているかどうか1~2週間ごとに評価しています。評価が終わったら、再び結果を見るまで、短期間で達成できそうな現実的な目標を立てるようにしています」

自分のために目標を立てるのは、自分をけん制することにもつながります。

「間食をしようとしたり、ジャンクフードをつい食べ過ぎたり、ワークアウトをさぼったりという場合、私たちはときどき自分の親になったつもりで、自分を叱らなくてはならないことも」

とアイダホ州の認定パーソナルトレーナー、アンナ・ラーセンさん。

食べすぎているとき、バーベルよりサウナを探してしまうときは、より健康的な選択をしたくなるような環境をつくってみて。

正しい食生活を送っていないと気づいたら、信頼のおける簡単レシピ(ラーセンさんは、アルミホイルの包み焼きのレシピがお気に入り)をいくつか壁にでも貼っておけば、テイクアウトを頼むよりも簡単にできそうに思えてくるはず。

手軽に持ち出せるおやつとして、キッチンカウンターに果物が入ったボウルを置いたり、毎晩太陽礼拝のポーズができるように、ヨガマットを部屋のすみの空いている場所に広げておくのもいいですね。

3. 回数を行う際にズルをしている

進歩を期待するなら、セットとセットの間にあまりのんびりしないこと。

「目標を達成するには、きまったレベルの強度を維持しなくてはなりません。セットの合間に休みすぎると結果が出るのが遅れます」とエモンズさん。

セットとセットの間の休憩は30秒から始めて、よいフォームを維持するのに必要な長さに調整していきましょう。

2分ではなく30秒の休憩なら、心拍数を高い状態に保ったまま、カロリーも多く燃焼できるようになるというメリットがあります。

回数は正しく行うようにして、動きや回数、セット、使ったウエイトは手早くメモしておくこと。さらに筋肉を増やしたいなら、達成した記録やついた体力を可視化しておくことです。

2/3ページ

最終更新:4/20(土) 9:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事