ここから本文です

トランプ帝国が残した傷痕:その街は巨大カジノで「グレート」にはなれなかった

4/20(土) 14:11配信

WIRED.jp

2016年の大統領選挙でドナルド・トランプが勝利し、大半の人はあっけにとられた。ニューヨークに住む写真家のブライアン・ローズも同様である。

ゴーストタウンと化した巨大なカジノ帝国の様子をもっとみる

「本当に気が変になりそうでした。オバマ大統領の下で多くの進歩をなし遂げたと思っていたのに、こんなことになるなんて。どうしたらいいのか、わかりませんでした」と、ローズは言う。

しかし、彼はソーシャルメディアで不平不満をわめき散らすような真似はしなかった。新しい写真プロジェクトに自らの主張を委ねることにしたのだ。

「瞬間的にひらめいたのです。わたしの住む場所からほんの2時間ほどクルマを走らせれば、アトランティックシティがあります。そこには、トランプが手がけたビジネスの失敗例があると言えるでしょう」

カジノ帝国の栄華と落日

ニュージャージー州の海辺にたたずむこの街に、トランプは1980年代前半からカジノリゾートをいくつもオープンした。これらのカジノは最盛期に8,000人を超える従業員を雇用し、その売上はアトランティックシティにおけるギャンブル事業収入の約3分の1を占めていた。ローズ自身も84年に開かれた見本市でポスターを販売する友人を手伝うため、「トランプ・プラザ」に宿泊したことがあった。

「トランプの存在は目新しかったし、そこはきらびやかなホテルでした」とローズは振り返る。「当時のアトランティックシティは、カジノリゾートが街をきっと活性化させてくれるという希望に溢れていました。何年もの間、カジノリゾートは華やかで魅力ある場所だと思われていたのです。しかしそのころでさえも、遊歩道から数ブロックも歩けば、町はひどい状態でした」

トランプのカジノ帝国の崩壊は、興隆と同じくらい急速に起こった出来事だったとは言わないが、それに劣らず劇的だった。

アトランティックシティではトランプ・プラザのほか、「トランプ・キャッスル」「トランプ・タージマハル」が90年代前半までにオープンした。しかし、事業の過度な拡大、高金利の負債、期待に反した収益によって、カジノは次々に破産していった。

トランプは、カジノから利益を最後まで搾り取ったと豪語している。しかし実際には、数千人の人々が職を失い、多くの下請け企業が売掛金の一部しか受け取れないはめに陥った。そして現在ではトランプ・プラザは閉鎖され、「トランプ・マリーナ」は「ゴールデン・ナゲット」に変わり、トランプ・タージマハルは新しいオーナーの手に渡っている。

1/2ページ

最終更新:4/20(土) 14:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事