ここから本文です

根強い人気の「シンデレラガール」。斉藤愛璃が表舞台復帰へ奮闘を誓う

4/20(土) 7:02配信

webスポルティーバ

 斉藤愛璃(29歳)の脳裏には、初優勝した時の記憶が今なお鮮明に残っている。

「母が当時の試合をDVDに録画してくれていて、たまに見るんです。また、こういうふうになりたいなって。あぁ~、やっぱり優勝っていいな、この時はこんな感じだったなって……。それはもちろん、優勝っていいもんですよ」

【写真】巻き返しを誓う「美女ゴルファー」たち

 2010年、TPD(単年登録)でプロツアーに出場した斉藤。2011年の夏にプロテストに合格し、2012年に初のツアーフル参戦を果たすと、開幕戦のダイキンオーキッドレディスでいきなりツアー初優勝を遂げた。その端正な容姿も相まって、”シンデレラガール”として一躍ブレイクした。

 しかも、同試合では三塚優子、李知姫といった実力者とのプレーオフを制しての勝利だった。その分、見る者に与えたインパクトは大きく、その後の活躍が大いに期待された。

「あの試合は、本当に劇的で。運がよかったのもあったと思います。三塚さんが1mもないパーパットを外してから、私が勝ったので」

 当時、斉藤は22歳。あれから、はや7年が経過しているとは、月日が経つのは早いものである。

 この劇的なツアー優勝によって、翌年のシード権を獲得した斉藤だが、2013年シーズンは11試合連続を含めて22試合で予選落ち。賞金ランキング89位に終わって、わずか1年でシードを失った。以降、スポットライトを浴びる機会はほとんどなくなった。

 クォリファイングトーナメント(QT)で結果を残してレギュラーツアーに参戦するも、思うような成績は残せなかった。2014年~2016年までの3年間でトップ10入りはわずか4回。シードを得るまでには至らなかった。

 さらに、QTでの出場資格も得られなかった2017年シーズンからは、レギュラーツアーの出場は主催者推薦などで得た数試合のみ。下部ツアーとなるステップ・アップ・ツアーと並行して戦うシーズンが続いている。

 そして今年も、「ステップ・アップ・ツアーを軸に、主催者推薦をいただいたレギュラーツアーに出場します」と斉藤。根強い人気を誇るゆえ、推薦出場は最大8試合となるが、今季もすでに「7試合の推薦出場が決まっています」と言う。

“ルーキーイヤー”の開幕戦での初優勝は、今でも多くの関係者やファンの間で強く印象に残っていることは間違いないだろう。

 斉藤が自らの現状について、ゆっくりと語り始める。

「私がプロテストに合格したのが2011年なので、(本格的にツアー参戦を果たしてから)今年で8年目です。ここまでゴルフを続けてきて『長かったな』と感じています。それはたぶん、よくなかったことばかりだったからだと思います。プロ1年目から優勝して、そこからずっとよくなかったので……。

 悪い時期はなかなか思うようなゴルフができなくて、ケガもしたりして、自分がやりたいゴルフができませんでした。もちろんここ数年で、ツアーのレベルがとても上がってきていることも実感しています。でも(そんな状況にあっても)自分のやることは『できている』と感じています」

 苦労の連続だった。それでも斉藤は、成績が出せないなか、どうにか食らいついてツアー参戦を続けてきた。その事実は、決してぞんざいに扱われるようなものではない。

1/2ページ

最終更新:4/20(土) 7:02
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事