ここから本文です

台湾の人気店が日本初進出!「騒豆花」はスイーツもグルメも美味しかった【新宿】

4/20(土) 16:00配信

じゃらんニュース

【劉ママのルーロー飯(スープ付き) 950円】
騒豆花では、豆花だけでなく、食事のラインナップも豊富でした。こちらは甘辛な味付けの豚肉が美味しいルーロー飯。

思わずご飯が進んでしまいます。

【白胡麻担々麺(汁なし) 950円】
もう一つの人気メニューは、白胡麻担々麺の汁なし!味が染み込んだ麺と、豚肉をしっかり混ぜるのが”通”の食べ方。

辛さは小・中・大から選べるので、辛いものが得意な人もそうでない人も楽しめる一品です。

【台湾冬瓜糖ミルク 594円】
台湾デザートとして外せないのがやはりタピオカ。騒豆花では、約7種類のタピオカが販売されています。その中でも人気な「台湾冬瓜糖ミルク」をいただきました。

冬瓜を使ったミルクは、ふわふわした甘みがたっぷり。タピオカは柔らかめで大きく、もちもちとした食感が楽しめました。
ドリンクのすっきりした甘さが口の中の辛さを中和してくれるので、お食事との相性も抜群。

テイクアウトもできるので、ゆっくり食事をする時間がないときでも気軽に購入できます!

18時ごろになると店内の照明が落ち始めます。真ん中にあるランタンがぼんやりと浮かび上がって、ムーディーな雰囲気に。ゆっくり話したい女子会やデートにもぴったりです。

他にも台湾の人気メニューがずらり。どれを頼んでも美味しそう!

まとめ

豆花は、水の質感によって味が左右する食べ物。一年中気温が安定している台湾とは異なり、四季がある日本では、台湾の味を再現するのはとても難しいそうです。

それでも「本物の味」を追求し、何ヶ月もの試行錯誤の上、はじめての豆花専門店がオープン!内装から料理まで、日本にいながらも台湾を感じられる騒豆花は、たくさんの方々の想いがつまっている素敵なお店でした。

台湾や中国の方からも絶賛される「本物の味」が楽しめる騒豆花に、足を運んでみてはいかがですか?


【騒豆花】
TEL/03-3349-5828
住所/東京都新宿区西新宿1-1-3 新宿ミロード7階
営業時間/11:00~23:00 (L.O. 22:30)
定休日/なし
アクセス/JR 新宿駅直結

「騒豆花」の詳細はこちら
https://www.saodouhua.jp/

※この記事は2019年4月時点での情報です

じゃらん編集部

2/2ページ

最終更新:4/20(土) 16:00
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事