ここから本文です

『なつぞら』第19話では、なつ(広瀬すず)、雪次郎(山田裕貴)らが“ある人”に呼び出される

4/20(土) 8:22配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。4月22日放送の第19話では、なつ(広瀬すず)、雪次郎(山田裕貴)、良子(富田望生)が“ある人”に呼び出される。

【場面写真】なつ(広瀬すず)を呼び出した番長・門倉務(板橋駿谷)

 なつが剛男(藤木直人)と富士子(松嶋菜々子)の馴れ初めを聞いた第18話。第19話では、泰樹(草刈正雄)と剛男とのもめごとがきっかけで演劇を始めることになったなつ。いざ入部してみると演劇部の練習はとても厳しく、酪農との両立も次第に厳しくなっていく。そんな中、なつが同級生の雪次郎や良子たちと話をしていると、突然、不良学生風の男子生徒たちに取り囲まれる。驚くなつたちに彼らは「ある人が呼んでいる」と伝え……。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、小林隆、音尾琢真、安田顕、高畑淳子、山田裕貴、柄本佑、吉沢亮らがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:4/20(土) 8:22
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事