ここから本文です

台湾の丸かじり~東アジアの空間感覚を教えてくれる台湾映画

4/20(土) 17:40配信

Wedge

台湾エンタメ界を脅かす「中国の圧力」

 しかし近年、そうした台湾アイデンティティーや歴史認識を積極的に描きだそうという流れに、中国からの圧力がかかる状況も顕著になっている。とりわけ中国市場を重要視している台湾の芸能界・エンタメ界において影響は明らかで、先日も台湾の人気女優アン・シューがSNSでの行為を理由に中国ネットで炎上したことを受けて「わたしは中国人で、中国はひとつであり、台湾の独立を支持しない」と謝罪した。そうした意味では映画の内容だけに留まらず、台湾映画をめぐる状況もまた、今の東アジア情勢を映し込む鏡であるとも言えるかもしれない。

「台湾巨匠傑作選2019 ~恋する台湾~」をはじめ、最近は日本各地で台湾映画をスクリーンで観られる機会が増えている。ぜひとも劇場に足を運んで台湾の魅力に触れると共に、その背後にある東アジアの空間感覚を肌で感じ、考えて頂けたら幸いだ。

栖来ひかり (台湾在住ライター)

3/3ページ

最終更新:4/20(土) 17:40
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年8月号
7月20日発売

定価540円(税込)

■特集 ムダを取り戻す経営――データ偏重が摘んだ「創造の芽」
■ケータイ業界はぬるま湯体質を打破できるか
■ホルムズ危機で露呈 脆弱なエネルギー安保

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事