ここから本文です

ホンダ ヴェゼルのEV版登場! ただし、ホンダブランドではない!?(上海ショーレポート)

4/20(土) 21:41配信

GQ JAPAN

上海モーターショーで公開されたホンダのEV「X-NVコンセプト」は、どんなクルマか? 現地で取材した吉田由美がレポートする。

【写真を見る】中国にはふたつの“ホンダ”がある!?

兄弟モデルとして登場!

2019年4月16日からおこなわれている上海モーターショーで、東風本田汽車有限公司(以下、東風ホンダ)は「X-NXコンセプト」を発表した。

あまり知られていないが、中国ではふたつの「ホンダ」が存在する。東風ホンダと広汽本田汽車有限公司(以下、広汽ホンダ)だ。どちらも、現地企業との合弁会社である。というのも、外国企業が中国に進出する場合、現地企業との共同出資による合弁会社にする必要があるという(最近は、単独での進出も可能ではあるらしいがハードルは高いそうだ)。

今回発表されたX-NVコンセプトは、中国におけるホンダ製品の研究・開発をおこなう本田技研科技と、東風ホンダの共同開発モデルである。

ただし、ブランニューモデルではない。なぜなら、ほぼおなじスペックを持つ広汽ホンダの「VE-1」がすでにデビューしているからだ。

なぜホンダではなくオリジナルブランド?

2018年の広州モーターショーで発表されたVE-1は、広汽ホンダのオリジナルブランド「理念」のファーストモデルである。日本でも販売されているコンパクトSUV「ヴェゼル」ベースのEVだ。

搭載するモーターは、最大出力120kW、最大トルク280Nmを発揮する。バッテリーは蓄電容量リチウムイオン(53.6kwh)。1回の充電での走行距離は最大340km(NEDCモード)をうたう。なお、X-NVコンセプトのスペックもほぼおなじのようだ(詳細は不明)。

VE-1はホンダブランドのモデルでないゆえ、理念のオリジナル・エンブレムがつく。X-NVコンセプトも、エクステリアにホンダのエンブレムがないからオリジナルブランドで販売されるのだろう。

なぜ、ホンダ・ブランドではないのか? 理念の場合で言えば、グローバルで展開するホンダ車とは異なる基準でつくられているゆえ、独立したブランドにしたという。なお、理念初のモデルは2005年に登場した「シビック」ベースの廉価モデルだった

X-NVコンセプトは、2019年後半の販売開始を予定する。なお、ホンダは2025年までに中国市場に20機種以上の電動化モデルを投入していくという。

最終更新:4/20(土) 21:41
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年7月&8月合併号
2019年5月25日発売

800円(税込)

バスケ界期待の新星・八村塁/特集「TOKYO 2020 WINNERS」2020年に躍動する勝者を見逃すな!/ 別冊付録「スポーティな時計たち」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事