ここから本文です

+5%の色気を。カーディガンの新しい着方・アレコレ

4/20(土) 23:00配信

集英社ハピプラニュース

カーディガンをあきらめない。少しの”色気”でおしゃれに見えるから

毎日着る服で、ほんの少しまとう雰囲気を変えられたら? この春、それはカーディガンで叶います。無理はしない、でもどこか色っぽい。そんな着こなしのヒントをご紹介。

【写真】きれいな色気が手に入る「カーディガン」の着方をもっと見る

【“一枚で着て決まる”新しいカーディガン4つの条件】
◆ゆとりあるVネックか、逆に首もとまできゅっと詰まったクルーネック
◆丈は少し短め
◆体によりそう細身なボディ
◆ベージュやカーキ、ブラウン、朱赤のニュアンスカラー

女性らしいやわらかなベージュカラーに、鎖骨がきれいに見える絶妙なVネックのラインからのぞく、デコルテの肌感。「カーディガン×きれい色のスカート」の定番通勤コーデにも、ハッとするムードが自然と宿る。

カーディガン¥8800/ココ ディール スカート¥1990/ジーユー カチューシャ¥200/お世話や ピアス¥30000/TOMORROWLAND(イヴィ) ネックレス¥12000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル)

タンクトップをあえてはさむ

あからさまな鎖骨見せよりも、ついつい目がいくトリック。インの一枚で肌を見せる部分を減らす。印象もバランスもよくなる、新・デコルテ事情。

カーディガン¥24000/ショールーム セッション(アダワス) タンクトップ¥11000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) イヤリング¥11000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス)

見える“かも”な、透け具合

うっすら感じる肌感こそ、大人の魅せ方。印象的なトレンドカラーは肌がやや透ける素材を。強すぎず、でも印象には残るちょうどいいあんばいに。華奢なキャミを合わせれば、カーデにも春の軽やかさと抜け感が加わる。

カーディガン¥11000/アンティット キャミソール¥13000/プラージュ 代官山店 ピアス¥30000/TOMORROWLAND(イヴィ)

撮影/東 京祐 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/石上美津江 撮影協力/UTUWA アワビーズ TITLES

最終更新:4/20(土) 23:00
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事