ここから本文です

ファイターズの新継投策“オープナー” 原稿でもやってみた

4/20(土) 11:00配信

文春オンライン

 先日の記事で、「オープナー」を試すもまだそれで勝ててない、ということをちょろっと書きました。

この記事の写真を見る

 その試合の1つ、4月6日の対ライオンズ戦。山賊打線の暴虐を許して16失点しましたが、「オープナー」加藤貴之は2回無失点なんですね。なので辻監督には「抑えられるかと思ったけど、2回で代えてくれた」なんて言われまして。

 そしたら、このコメントを「言葉で牽制した」と評価するツイートを見たんです。オープナーという手法の世評を下げて、ファイターズがこれをやりにくくするものだと。

 えー、そうかなあ……?

 チーム方針とか作戦とか戦術とかというものは、相手の監督にからかわれたからとか世間の評判がとかで変えたりするもんなんでしょうか。それもファイターズが、ですよ。

はなっから開き直ってるんですよ

 2006年のドラフト会議、長野久義を指名して物議を醸しました。その5年後には菅野智之を指名して交渉権を獲得してしまい、原貢氏には人権蹂躙とまで言われました。更に翌年、大谷翔平を指名して、メジャー挑戦を邪魔するのかと批判され、結局彼が入団したので密約を疑われもしました。そして投打二刀流の育成方針で、バカかアホか何考えてんだ野球をなめるな真面目にやれふざけてんじゃねえと非難囂々雨あられだったのはまだ記憶に新しいところです。

 面の皮が厚いというか、鈍感というか。そんな世間の風向きを気にするようなデリケートさなんて、この球団、薬にしたくも持ち合わせちゃおりますまい。

 13年前、球団社長からなぜ長野久義を指名するのかと訊かれたGM補佐吉村浩は「うちに欲しい外野手なのに、なぜ指名しないのですか」と反問したそうですが、GMとなった今の彼は、栗山監督にこんなことを言っているそうです。

「監督の言っていることは、全部間違っていますから」「間違っているけれど、監督が信じた道ならいいじゃないですか」(『栗山魂』より)

 はなっから開き直ってるんですよ、この人達は(青空百景)。

※選手の交代をお知らせします。青空百景に代わりまして、ライターえのきどいちろう。

1/3ページ

最終更新:4/20(土) 11:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事