ここから本文です

「辛口シンプル派」Sサイズスタイリストの着こなしルール4

4/20(土) 11:00配信

webマガジン mi-mollet

身長154cmのSサイズスタイリスト川上さやかさん。小柄さん向けの特集も多数手がけていますが、川上さん自身はどんな着こなしをしているのか、川上さんご自身のSサイズならではの悩みも交えて紹介します。

身長が154cm、童顔。でも、かわいらしい印象にはなりたくない…

「私の身長は154cm。幼いころからずっと、小柄なほうでした。身長が低いというだけで、子供っぽく見られがちなのに、加えて子供の頃からずっと実年齢より下に見られる童顔…。可憐で幼い印象になりやすいタイプなんです。ですが、私自身が目ざしたいスタイルは、“かわいい”よりも“かっこよくて大人っぽい”。年を重ねたら重ねたで、小柄が悪いほうに働き、“メルヘンおばさん”になってしまう恐怖も出てきました。ですので、ファッションに関しては、人一倍工夫を重ねてきたと思います。行きついたのは、辛口で程よくエッジの効いた着こなし。私がSサイズだからこそ意識している4つの視点を紹介します」
 

Sayaka’s point1洋服はシックな色しか着ない

 「ふだん着るのは、白・黒・ベージュなど、落ち着いた色ばかり。カーキやライトグレー寄りのチャコールなど、スパイシーな色味も着ます。だから、私のクローゼットはとても地味なんです。甘い色は、いくらはやっても絶対に選びません。理由は、とにかく子供っぽく見られたくないから。きれい色でも、くすんだパープルやスモーキーピンクは大人っぽく見えるからOKですが、パステルカラーやビビッドな色には手を出しません」
 

Sayaka’s point2フェミニンなディテールこそ黒を選ぶ

「甘い色は着ませんが、フェミニンなディテールの服を楽しむことはもちろんあります。そんなときは、クールな黒に頼ります。女らしいレースも、トレンドのドット柄も、子供っぽくならずに取り入れることができます。色が黒であるということに加えて、レースもドットも長そでを選んでいるのも大人っぽく見せるのには重要なポイントです。子供っぽく見える要素はできる限り排除しています。ちなみに、ドット柄のワンピースは私が着るとマキシ丈になるので、友人の結婚パーティ用に買ったものです。身長が高い人なら、もう少し丈が短くなってドレッシーな印象がなくなってしまうので、この時ばかりは、Sサイズってこんな得もあるんだなと思いましたね(笑)」
 

1/2ページ

最終更新:4/20(土) 11:00
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事