ここから本文です

デトックス&脂肪燃焼でダイエット!腸の老廃物を出すスープとジュース

4/20(土) 11:00配信

webマガジン mi-mollet

 よくない習慣でやせにくくなってしまったからだを改善して、効率よくやせるにはどうしたらよいのでしょうか。自身も20kgのダイエットに成功した『朝ジュース×夜スープダイエット』著者の藤井香江さんは、「大切なのはデトックス、脂肪燃焼という2つのステップを踏むことです」とおっしゃいます。
そこでやせにくくなったからだをリセットする最初のステップ「デトックスレシピ」を紹介します。まずは、体内にたまった老廃物や毒素、有害物質をしっかり出すことからはじめましょう。

痩せられない原因を解消! 腸の浄化=デトックス編

からだに老廃物や毒素などがたまると、内臓の動きが鈍くなり、脂肪を燃焼させる力も低下します。
腸の中に老廃物がたまった状態では、腸本来の機能が果たせません。必要な栄養素が吸収されず、体調がすぐれないのも当然です。脂肪燃焼を促す栄養素を摂っても吸収されないので、何をしてもきれいにやせることはできません。
老廃物の溜まった腸の改善方法は、腸でいい便をつくる食材やデトックス効果のある栄養素を積極的に取り入れることです。
また、体内で活性酸素が過剰に発生すると、細胞組織が傷つけられ、毒素を溜め込みやすい状態になってしまします。活性酸素の働きを抑えるために、抗酸化物質(ファイトケミカル)を摂ることも大切です。

<積極的に取り入れたい食材>
◎腸内の毒素を吸着して便と一緒に排出する食物繊維
 ごぼう、れんこん、りんご、きのこ類、海藻など

◎有害物質を包み込んで体内に吸収されないようにする食材
 長ねぎ、玉ねぎ、にら、にんにくなど

◎解毒力を高める食材
 ブロッコリー、キャベツ、大根、アボカドなど

◎いい便をつくる水分、良質な油など。

私の経験では、デトックス効果の高い朝ジュースと夜スープを1週間続けると、体内の老廃物や毒素がおおかた排出されると感じています。(藤井香江さん)

朝ジュース デトックスの定番「基本のにんじんジュース」

にんじんとりんごは栄養バランスが抜群。エネルギー源となる糖質のほか、代謝に必要なビタミンやからだの機能を整えるミネラルをたっぷり含みます。この2つの食材をジュースにして飲めば、豊富な酵素の力で代謝が活発になり、蓄積された毒素や老廃物がスムーズに排出されるはず。さらにしょうがを加えれば、血行が促進され、冷えやむくみ、風邪などの症状の心配もなし!

  材料 
・にんじん 小1本(100g)
・りんご 1/2個(100g)
・水 50ml
・レモンの絞り汁 少々
・好みでしょうがのすりおろし 1/2かけ分(5g)

 作り方 
1.にんじん、りんごは一口大に切る。
2.しょうが以外の材料をミキサーに入れ、なめらかな液状になるまで攪拌する。
3.2を器に注ぎ、しょうがを加えて混ぜる。

◎オリーブオイルなどを少々加えると、にんじんの栄養の吸収がよくなる。

1/3ページ

最終更新:4/20(土) 11:00
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい