ここから本文です

デトックス&脂肪燃焼でダイエット!腸の老廃物を出すスープとジュース

4/20(土) 11:00配信

webマガジン mi-mollet

夜スープ きのこの山の精進汁

多種類のきのこのうまみが凝縮。きのこの食物繊維が腸を動かして便通を改善。

  材料 
・好みのきのこ類(しめじ、えのきだけ、まいたけ、なめこなど) 合わせて200g
・焼き豆腐(一口大に切る) 1/4丁
・長芋(すりおろす) 3cm(50g)
・しょうがオイル 小さじ1*

<スープ>
・かつおと昆布のだし 300ml**
・酒、しょうゆ、みりん 各小さじ1
・かぼす(輪切り) 1枚
・三つ葉 少々
・七味唐辛子 少々
*しょうがのすりおろし小さじ1/2+ごま油小さじ1で代用可。
**和風だしの素(かつお・昆布)小さじ1+水300mlで代用可。

 作り方 
1.きのこ類(なめこ以外)は石づきを取り、食べやすい大きさに分ける。
2.鍋に<スープ>の材料を入れて強火にかけ、煮立ったら、しょうがオイル、きのこ類(なめこ、えのきだけ以外)を入れ、ふたをして強めの弱火で4分ほど煮込む。
3.2に焼き豆腐、なめこ、えのきだけを加え、えのきだけがしんなりしたら、火を止めて長芋をスプーンで加える。器に盛り、かぼす、三つ葉を飾り、七味唐辛子をふりかける。

藤井 香江(フジイ カエ)

1975年生まれ。カクテル&ジュースコーディネーター、美容編集&ライター。
10代後半に、それまで続けていた激しい運動をやめたとたんに太り始め、50kgだった体重が70kgに。一念発起してダイエットを決意し、さまざまなメソッドに挑戦するも、ことごとく失敗。体調をくずしたのを機に、毎朝、フルーツや野菜の生ジュースを飲む「朝ジュースダイエット」をスタートし、半年で20kgの減量に成功。その後、「夜スープ」も本格的に取り入れ、16年間、体重・体型を維持している。
著書には『ココロとカラダにやさしい 今夜の飲みもの』(日東書院本社)、『フルーツ&野菜のフレッシュジュース――たっぷり酵素で代謝をUP!』(主婦の友社)、『酵素たっぷりで「やせ体質」になる! 「朝ジュース」ダイエット』(講談社)がある。

2/3ページ

最終更新:4/20(土) 11:00
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事