ここから本文です

矢口真里を許せない人の理由「私はまじめに生きているのに」はヤバ化の危険が

4/20(土) 22:00配信

週刊女性PRIME

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

【写真】矢口真里、直撃されて驚く様子&現夫と楽しそうに歩く様子

第21回 矢口真里

 いったい、いつになったら世間サマは、彼女を「許す」んでしょうか。

 今をさかのぼること6年前、2013年に『女性セブン』(小学館)と『週刊女性』が、元モーニング娘。・矢口真里(以下、ヤグチ)の不倫を報じました。ヤグチが夫(当時)の不在中にオトコを自宅に招き入れたところ、帰ってくるはずのない夫が帰宅してしまい、不倫相手をクローゼットに隠したことから、“クローゼット不倫”と呼ばれました。自宅で妻が別のオトコと同衾(どうきん)しているところを見てしまった夫(当時)の心中は、察するにあまりあります。

 ヤグチは大バッシングを受け、離婚を発表。レギュラー番組をすべて降板し、休業に追い込まれます。2014年には活動を再開、2016年にはCMにも出演しますが、苦情が殺到し、わずか1週間程度で放送中止になっています。

 その後、2018年3月に不倫相手だった男性と結婚し、今月に入り、妊娠を発表したヤグチ。しかし、ネット民からは「引退しろ!」「子どもがかわいそう!」という心ない書き込みが殺到したのでした。

オンナが浮気するなんてとんでもない?

 既婚者が自宅に異性を連れ込むという前例は、芸能界にないわけではありません。例えば、俳優・大鶴義丹は歌手・マルシアと結婚中の2004年、留守中に自宅に女性を連れ込み、マルシアが女性と鉢合わせ。ふたりはその後、離婚しています。芸能記者に取り囲まれた義丹が、カメラに「マーちゃん、ごめん」と語りかけた様子を今でも思い出します。

 2016年に義丹は『じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告』(テレビ東京系)で、「女性がいたのは確かだが、男女関係ではない」と不倫関係を否定しましたが、当時の週刊誌は義丹が不倫をした前提で書かれていました。しかし、義丹に引退を求める声はなかったと思います。

 あのころは不倫に寛容な時代だったからと言う人もいるでしょう。それなら、このケースはどうでしょう。2017年に国際派俳優・渡辺謙の不倫を『週刊文春』(文藝春秋)が報じました。当時の妻である女優・南果歩が乳がん闘病中の不倫。一瞬でも生と死の瀬戸際をさまよっているときに、夫が別の女性と不倫をしていたと知ったら、その精神的ダメージは計り知れないでしょうが、渡辺謙に芸能界引退を求める人はいません。

 結局、ヤグチを叩いている人は「オトコの浮気はしかたないが、オンナが浮気するなんてとんでもない」と思っているのではないでしょうか。

1/3ページ

最終更新:4/20(土) 22:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」4/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事