ここから本文です

実践的基礎知識 投資信託編(5)

4/20(土) 7:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

ピクテ投信投資顧問株式会社が、実践的な投資の基礎知識を初心者にもわかりやすく解説します。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するコラムを転載したものです。

インデックス運用とアクティブ運用の違い

インデックス運用とアクティブ運用の違いは、ファンドを「どのように運用するのか」の違いです。インデックス運用にも、アクティブ運用にも、それぞれメリットとデメリットがあります。両者のメリットとデメリットを理解し、自分の考えに合ったものを選ぶことが大切です。

運用方法の形態

ファンドの運用方法は、「どのように運用するのか」という手法の違いで、「パッシブ(受動的な)運用」と「アクティブ(能動的な)運用」に分けられます。「パッシブ運用」はその名の通り「受動的に」運用するため、運用者の判断は関係ありませんが、「アクティブ運用」は運用者が特定の株式や債券等の銘柄を選別し、組入れ比率を決定します。

インデックス運用とは

「インデックス」というのは、「TOPIX(東証株価指数)」に代表されるように、市場全体の値動きを示す指標です。「インデックス運用」というのは「パッシブ運用」の代表例で、基本的な考え方としては特定の指数と同様な値動きをするように、指数に連動する投資成果を目指すというものです。

ところが実際の運用では、指数と全く同じ構成のポートフォリオを組んでも、その投資成果は指数とは一致しません。なぜならば、ファンドの運営にはコストがかかるからです。指数にはこれらのコストが含まれないため、指数と全く同じ構成のポートフォリオにしても、コスト分だけ指数に負けていくことになります。

インデックス運用のファンドに投資する場合には、指数に連動した投資成果を目指すため、指数自体の特性を知ることが大切です。例えば日本の株式に投資する場合、日経平均株価/TOPIX/JPX日経インデックス400/MSCIジャパン/Russell Nomura Primeなどの指数があり、それらの違いが投資成果の違いに影響します。どの指数に連動した投資成果を目指すのか、どのインデックスを「市場全体の値動き」とするのかによって投資成果は変わってきます。

1/3ページ

最終更新:4/20(土) 7:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事