ここから本文です

実践的基礎知識 投資信託編(5)

4/20(土) 7:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

アクティブ運用のメリットおよびデメリット

アクティブ運用には主に以下のようなメリットがあります。

●「指数を上回る投資成果を目指す運用」では、コスト差し引き後でトータル・リターン指数を上回る投資成果を得られる可能性がある

●「指数を上回る投資成果以外を目指す運用」では指数が存在しないような投資も実現可能

●特定の指数に縛られることなく、フレキシブルな運用を行うことも可能

一方、アクティブ運用には以下のようなデメリットがあります。

●インデックス運用と比べてコストが高いものが多い

●「指数を上回る投資成果を目指す運用」を行っていても実際に上回るとは限らない。また、どのファンドがトータル・リターン指数を上回る投資成果をあげるか予見できない

●ファンド毎のリターンの違いが大きい

運用方法の特徴を理解し、自分の考えに合ったものを選ぶことが大切

インデックス運用にも、アクティブ運用にも、それぞれメリットとデメリットがあります。インデックス運用とアクティブ運用のどちらが優れている、どちらが正解といったことはありません。各投資家が両者のメリットとデメリットを理解し、自分の考えに合ったものを選ぶことが大切です。

データは過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『実践的基礎知識 投資信託編(5)<インデックス運用とアクティブ運用の違い>』を参照)。

ピクテ投信投資顧問株式会社

3/3ページ

最終更新:7/22(月) 15:57
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事